スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

スーパーMOON2012-05-09(Wed)

■スーパームーン
スーパームーンとは、通常の満月より大きく明るい満月のことで
NASAによるとこの5月の満月は2012年の他の満月より14%大きく、
30%明るいそうです。
そこで5/5、このスーパームーンをAPO 500mm F4.5 EX HSMに
2倍テレコンを付けて撮影してみました。 

apo500ex_0012_R.jpg

このレンズは野鳥撮影では2倍テレコンを装着しても、良く写って
いたのだが今回は遠距離の影響か、ピンが甘くてくっきりと解像して
いません。アレレ・・・こんな筈ではないのに???
明るさ、コントラスト、シャープネスをいじって誤魔化しましたが
これがこのレンズの実力なのだろうか!? シャッターブレ? 
何回撮影しても同じで、ピンが最後まで追い込めません。
この原因は、微動でないカメラレンズのピントリングにあると判明。
月は遙か遠くの無限遠の距離なのに、合焦させるためには精細な
ピント操作が必要で、一般のカメラレンズのヘリコイドでは天体用の
微細な距離合わせが難しいようです。
これまで天体望遠鏡のヘリコイドは微動過ぎて、野鳥撮影には使い辛い
と文句タラタラでしたが、天体用にはこの微動な動きが必要なんですネ
超望遠レンズを利用すると手軽に天体観察が出来ると思っていましたが
AF時代のカメラレンズを天体用に使用するにはピント操作に工夫が
必要だと感じました。(MF時代のNFD500㎜はピントリングが、
やや微動なので対応可能)
まぁ~とっても明るい月なので本来ならばAFで合焦するはずですネ
テレコン使用でAFが効かなくなるのがシグマの545です(大泣)
AFレンズなのに今回はAFで撮影出来なくて残念でした。
とにかくカメラレンズに2倍テレコンを付けて、これだけ写れば良い方
なのかもしれません。しかし写りなど評価基準が天体望遠鏡なので、
どうしてもAPO 500mm F4.5 EX HSMは天体望遠鏡との比較になります。
BORGの中川さんのサイトの素晴らしい月を拝見すると、シグマ545
の本来の実力が100%発揮できるようにもっと頑張らないといけませんネ
そして最後に「BORGのCPはやはり凄い」の一言です♪

■撮影5/5  APO 500mm F4.5 EX HSM+2倍テレコン+EOS7D 三脚使用 

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:写真日記

Comments(0) | Trackback(0) | APO 500mm F4.5 EX HSM(キヤノン AF)

コアジサシ « home » 飛びもの試写

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://khanasuke.blog1.fc2.com/tb.php/579-3986a6b0

プロフィール

花助

  • Author:花助
  • 上から読んでも、下から読んでも
    「とほ・ほ・・ほと」です。

    ・世田谷在住の親爺で~す。
    ・趣味はカヤック、風景や野鳥撮影
    ・好きな所 信州
    ・撮影機材 オリンパス
           キャノンとペンタックス

    ・天体望遠鏡と骨董レンズによる野鳥撮影に凝っています。

とほ・ほ・・ほと観覧者へメッセージ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。