スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

α NEX-5Nで飛翔シーンの試し撮り2012-03-22(Thu)

前回の続きです。
■これは便利! ピーキング機能
NEX-5NにはMFでピント確認を容易にする「ピーキング」機能が付いています。
マニュアルフォーカス時に、画面内のシャープな部分を色つきで表示します。画面の
どこにピントが合っているか一目で確認ができ、細かなピント合わせを行うマクロや
ポートレート撮影に便利です。ピーキングの色は白、赤、黄色から選べ、ピーキング
レベルは強・中・弱と3段階から選択できます。
今回私はピーキングの色を黄色、強弱レベルは中を選択。実際に試写してみましたが
これが大変な優れもの♪ 飛びものにも使えるのでマニュアルフォーカス撮影の強力な
武器になりました。嬉しいことに動画撮影でも、このピーキング機能が働きます。
ただし問題点もあります。
焦点が合ったところの輪郭が、リアルタイムで指定した色に光る便利な機能なのですが・・
飛んでいる被写体を追尾していてピント操作中に背景がうるさい木々・ブッシュ・土手など
に合焦してしまうと、画面全体がピーキングの色だらけになります。
今回キーピングの色が黄色だったので、イエローアウトですネ 
追尾していた野鳥の位置が分からなくなって、被写体は直ぐにフレームアウトします。
これからピーキングの強弱レベルや色をいろいろと変えて、再度試したいと思いますが
飛びものに対しては、万能では無いようです。とにかく・・・
このようにキーピングには多少の問題点もありますが、ミラーレス一眼を使ってセキレイの
飛びものが撮れた最大の原因が、このキーピング機能と10連写の威力でした。

いろいろと書き始めると止まらなくなります(大汗)。
今回は時間が無いので、もっと使い込んでから続編を書きたいと思います。

■NEX-5Nの試写 セキレイ編
小さく撮って大きくトリミングしているので、軽~く流して下さい。
例年のツバメ撮影と同じで、大きく撮れません。近距離は全く歯が立たず・・・
ストレスが相当たまりました。いつになったら大きく撮れるのか???
待ち遠しいツバメの季節はもうすぐですが、大変憂鬱な季節でもあります。
今年も撮影が楽なコアジサシに逃げたいと思います。
nex5n22_R

虫 キャッチ
nex5n14_R

nex5n42_R

nex5n31_R

nex5n33_R

nex5n35_R

nex5n62_R

nex5n30_R

nex5n44_R

nex5n45_R

nex5n56_R

nex5n60_R

nex5n61_R

nex5n49_R

nex5n51_R

nex5n52_R

■NEX-5Nの連写に助けられました
nex5n63_R

nex5n64_R

nex5n65_R

nex5n66_R

nex5n67_R

■小気味よい連写で、こんなショットも・・
nex5n8_R

nex5n9_R

nex5n10_R

同じようなトリミングしても小さい写真を、大量に撮影しました(涙)

■感想
背面液晶をファインダーとして使用しているので、光学ファインダーと違って
最初は動かない目の前の被写体もフレームに入れることが出来ませんでした
感覚の違いに、戸惑いました。まるでデジスコのような感覚です。
いかにファインダーで被写体を捕捉するか??? 導入が最大の問題点です。
別売の電子ビューファインダーでこの問題が解決できるのならば、購入したい
ですが、電子ビューファインダーが標準装備されている上位機種NEX-7の
値下がりを待ってから電子ビューファインダーの取得は考えたいと思います。
いずれにしろ補助システムにこれ以上お金をかけたくないのが本音です。
光学ファインダー並に被写体の導入さえできればキーピング&連写機能で野鳥の
飛翔シーンも結構楽しめると思いましたが、現実はかなり厳しいかも??

その他の問題点(私のシステムの場合)
・私の使い方では電池の消耗が激しい。予備は数個必要
・空抜けの小さい点のような被写体(高い空の小さな猛禽やツバメ)に焦点が
 合わせられない。
 今季初なのですが待望のツバメが川の上空を飛び回っていました。
しかし何度やってもファインダーで捕捉できなかった(涙) 
.望遠レンズとカメラのバランスが悪いので、重たいEOS7Dよりも重く感じ
 手持ち撮影が疲れました。

以上、マニュアルフォーカスで野鳥撮影をしたときに感じたレポートでした。

■撮影 EF400㎜+NEX-5N 大トリミング 手持ち シャープ

河原で飛びものを撮った後、花鳥図を狙って有料の都市公園に行ってきました。
次回upの予定です。

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:野鳥の写真

Comments(2) | Trackback(0) | 撮影機材

桜メジロ « home » ミラーレスα NEX-5N

Comment

花助さん、お久しぶりです

NEX-5N購入、おめでとうございます。
腕が良いと同じNEXでも全く写りが違いますね、脱帽です。
私は、三脚+照準器で撮ってるので小鳥のトビモノは全く撮れる気がしません(^^ゞ
外付けEVFは綺麗でレスポンスも良く非常にグッドです。
ただし、ピーキングの見え方は背面液晶と若干違うようです。
ピントを追い込むにはピーキングレベルを低にして色の付く範囲を少なくした方が良いと思うのですが、背面液晶だと色が付いてるのにEVFで見ると全く色が見えなかったりします。
私も再び背面液晶での撮影に挑戦してみようかな~と思います。

2012-03-23 07:58 | URL | はいりほ [ 編集]

はいりほさん こんばんは~ 
ご無沙汰して申し訳ありませんでした。
はいりほさんのブログで、NEX-5Nでも飛びものが
撮れると分かって取得しましたが、外付けEVFを
けちったために苦労しております。それにしても
キーピングと10連写はホントにすばらしいですネ。
これからいろいろと設定を変えながら、早く操作に
慣れたいと思います。分からないことが出てきたら
教えて下さい。よろしくお願いします。

今回遠くの飛翔セキレイを大量に撮影しましたが、使える
ものはほんの少しでした(涙)。
めげずに、これからもセキレイを相手に練習を積んで、
ツバメ撮影の本番に臨みたいと思います。
NEX-5N・・・これ面白いです♪

2012-03-24 21:02 | URL | 花助 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://khanasuke.blog1.fc2.com/tb.php/569-0b6533db

プロフィール

花助

  • Author:花助
  • 上から読んでも、下から読んでも
    「とほ・ほ・・ほと」です。

    ・世田谷在住の親爺で~す。
    ・趣味はカヤック、風景や野鳥撮影
    ・好きな所 信州
    ・撮影機材 オリンパス
           キャノンとペンタックス

    ・天体望遠鏡と骨董レンズによる野鳥撮影に凝っています。

とほ・ほ・・ほと観覧者へメッセージ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。