スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

所変われば・・・塒入り編2012-01-19(Thu)

■塒入り
今回行った場所、実はコミミの探索のために途中で寄った
フィールドなのですが、そのまま塒入りまで粘ってしまい・・・
コミミは次回の楽しみとなりました。
昨年嵌ったコミミ、今年はまだ1枚も撮っていません(涙)
友人から他の有用なコミミポイントを教えて貰ったから
時間が許せば、今週末はそちらにポイントに行くかも??

さてハイチュウを期待した塒入り撮影・・・
数では普通のチュウヒ?がメインの塒入りでしたが、規模が凄かったです。
暗くて、いつものようにピントが合っていません。対象をどれに絞って良いか
分からないほど、次から次に湧いてきました。酷い画質でゴメンナサイ。
NFD500K50100_R.jpg

乱舞のポイントが観察舎よりも距離があって小さくしか撮れません。
しかしこれは見る価値はありますネ。どんどん湧いてきて・・・・
10羽以上乱舞します。こんな規模になるとは、予想していないので
感激しました。これは写真ではなく動画にした方が良かったですネ
失敗しました。
NFD500K50092_R.jpg

NFD500K50104_R.jpg

NFD500K50094_R.jpg

NFD500K50109_R.jpg

NFD500K50110_R.jpg

NFD500K50096_R_20120119092822.jpg

いっぱい撮りましたが、遠いのでみんな同じような証拠写真に
なりました。横に広がって乱舞していますので500㎜では
全体が入りません。
感想・・・
塒入りは、やはり♂のハイチュウが大きく撮れる東北道の猛禽パラダイス
の方が断然良いのですが、猛禽好きの方には、この光景は堪らないかも??
それにしても、ここ・・♂ハイチュウでないから人がいないのですネ 
大砲軍団のいない理由、自分なりにやっと理解出来ました(笑)

■撮影 NFD500㎜+K5 半手持ち トリミング ノイズ処理

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:野鳥の写真

Comments(4) | Trackback(0) | キャノンNew FD 望遠レンズ

タゲリ « home » 新たな猛禽ポイントで、塒入り撮影

Comment

はじめまして

こんにちは、はじめまして。
いつもブログ拝見してます。
MFレンズでの機器更新を検討していましてこちらのブログは非常に参考になります。ありがとうございます。

記事の場所ですが、元旦に行った時はハイチュウ♂(1羽ですけど)は飛んだものの、チュウヒは激減していて心配していました。
数が戻ったようで安心しました。
ここは、鳥見ツアーのコースにもなってるので、鳥撮りの人はともかく鳥見の人はそれなりの数になるはずなのですが、たまたま人数が少ない日だったのでしょうか。
今後ともブログを参考にさせていただきます。よろしくお願いします。

2012-01-20 19:52 | URL | はいりほ [ 編集]

はいりほさん ようこそです♪
短時間の滞在で、適当なことを書いて・・
ゴメンナサイ。
葦原の中にある観察舎は貸切状態だったので
いつもこんな状態だと思ってしまいました。
猛禽スポットとして、ほんとに素晴らしい所だと
分かったので、また必ず行くつもりです。
現地のこと、いろいろと教えて頂けると助かります。

なんとボーグもお使いなのですネ 
ボーグで撮られたコミミのお写真、素晴らしいです。
それにテジスコでトビモノ撮影ですか!
恐れ入りました。今後ともよろしくお願いします。

2012-01-20 23:13 | URL | 花助 [ 編集]

コメントありがとうございます。

花助さんこんにちは。
とんでもありません貴重なレポートありがとうございました。
観察舎は、どうも鳥撮りの人には人気が無いようです。
複数の人が入ると揺れがひどいのと鳥撮りには狭いので・・・
私のデジスコやポーグでのトビモノは多分に少し前に買ったNEX-5Nのおかげなのですが、それでも2000枚撮って20枚位しか見られるものが無く苦労してます(^^ゞ

2012-01-21 08:40 | URL | はいりほ [ 編集]

はいりほさん こんばんは~
一人だったので観察舎の鳥見窓をすべて独占し、中を
自由に動いて撮影しました。確かに狭いので、人が入
ればこんなことは出来ませんネ
揺れがひどいとは、気がつきませんでした。
いろいろと有用な情報ありがとうございます。

自慢ではありませんが、ヒンボケ写真では私も負けて
いません(笑) しかしボーグや骨董レンズで撮った
野鳥写真はヒントが合っていれば、とても良く写るの
で・・・面白いです。
今後も、めげずにマニュアルで頑張りま~す。

2012-01-22 02:03 | URL | 花助 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://khanasuke.blog1.fc2.com/tb.php/560-6a3006a1

プロフィール

花助

  • Author:花助
  • 上から読んでも、下から読んでも
    「とほ・ほ・・ほと」です。

    ・世田谷在住の親爺で~す。
    ・趣味はカヤック、風景や野鳥撮影
    ・好きな所 信州
    ・撮影機材 オリンパス
           キャノンとペンタックス

    ・天体望遠鏡と骨董レンズによる野鳥撮影に凝っています。

とほ・ほ・・ほと観覧者へメッセージ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。