スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

コアジサシ コロニー2011-07-20(Wed)

■コアジサシのコロニー
前回紹介した中州にあったコアジサシのコロニーが心配で、
あれから数回様子の確認に行っています。
直ぐに写真をupしないのは、子育て中の大事な時期なので・・・
どうかご理解下さい。
写真掲載に1週間以上のタイムラグがあります。
nfd500k50007_R

nfd500k50011_R

河川敷は、とにかく暑いです。
岸に座って、中州のコアジサシを撮っていると・・・
膝の部分が熱で暑くなります。そして、スボン上から突き刺すような
実際に「痛い!」と感じられるほどの強烈な暑さです。
この暑さ、中州で子育て中のコアジサシが心配になりますネ。
よく観察すると、羽に水分をいっぱい含む個体が多いです。
nfd500k50028_R

nfd500k50039_R

nfd500k50055_R

またツバメのように水飲み?シーンが多く見られます。
あまりに近すぎて、NFD500㎜(換算750㎜)では、水飲みシーンは
撮れませんでした。置きピンで辛うじて1枚撮れたのが↓です。
nfd500k50019_R

肉眼では足をチョコと水に濡らすように見えましたが、どうやら腹の羽毛を
濡らしているようです。体を縮め、腹の羽毛にたっぷりと水分を含みやすく
しているのが分かります。
河原の熱帯地獄、雌は卵または幼鳥を、この水分を含んだ腹の羽毛で守っているのだと
私は理解しましたが、あくまでも勝手な思いこみです。

雄がせっせと餌と水を運びます。一家団欒・・・
nfd500k50064_R

nfd500k50073_R

nfd500k50060_R

川岸から中州の幼鳥を3羽確認しました。無事に育って欲しいですネ
30羽位のコローニーは、数が少なすぎて外敵に対抗できる力が足りません。
人間が中州に入ると、コアジサシは直ぐに飛び立つので・・・
これからが、とても心配です。
nfd500k50038_R

■撮影 NFD500㎜+K5 トリミング

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:写真日記

Comments(2) | Trackback(0) | ツバメ&コアジサシの飛翔 2011

カヤック4回目  裏磐梯の秋元湖 « home » 野鳥の写真集

Comment

コアジサシ、ネットの新聞記事にも出てしまいましたね。
1週間タイムラグを置いた花助さんの思いがマスコミの記者にも届いているといいのですが。
こういうのって、判断難しいですよね。記事にしないとだれも関心を持たなくなって荒らしてしまうかもしれないし、記事にしたおかげでいろんな人が押し寄せてかえって荒れてしまったりするかもしれないし。

このところ、私の家の近くの池にはコアジサシは姿を現してくれません。すぐ近くのはずなので、こっちにも遊びに来てくれると嬉しいのですが。

2011-07-21 00:11 | URL | ぐっち [ 編集]

ぐっちさん こんばんは~
なんと既にネットで公開されていましたか!?
タイムラグにかかわらず、現在進行形の個体も多いので
たった1週間くらいの配慮では、全く意味が無かったですネ
反省です。
それにしても今一番心配なのは、明日の雨です。
少し増水しただけで、中州のこのコロニーは消滅して
しまいます?? コアジサシファンとしては、とても心配です。
自然界における野鳥の子育て、ほんとに厳しい世界だと
再認識しました。

2011-07-21 01:14 | URL | 花助 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://khanasuke.blog1.fc2.com/tb.php/512-7a4e2288

プロフィール

花助

  • Author:花助
  • 上から読んでも、下から読んでも
    「とほ・ほ・・ほと」です。

    ・世田谷在住の親爺で~す。
    ・趣味はカヤック、風景や野鳥撮影
    ・好きな所 信州
    ・撮影機材 オリンパス
           キャノンとペンタックス

    ・天体望遠鏡と骨董レンズによる野鳥撮影に凝っています。

とほ・ほ・・ほと観覧者へメッセージ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。