スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

コアジサシのダイブ2011-05-19(Thu)

■コアジサシのダイブ
ef400eos7d0155_R

ef400eos7d0156_R

ef400eos7d0128_R

河川敷で観察するとコアジサシのダイブには、大きく分けて3パターンが
あるようです。(他のフィールドを知りませんので、読み流してネ)

1型 猛スピード直下型(垂直ダイブ) 深いポイント
  ホバから狙いを定めて、真っ逆さまに猛スピードで水面に突っ込みます。
  コアジサシの体は完全に水中に没し、少し時間を置いて水上へ抜けます。
  高度とスピードによって異なりますが、水しぶきの量が多くてホバリング
  の段階で着水地点がほぼ分かるので、案外撮影しやすいと思います。
  しかしAF撮影だと水しぶきにピントが合ってしまい、コアジサシ本体に
  ピンが来ないことも多いです。

2型 落下傘型(垂直ダイブ) 浅瀬のポイント
  大きく羽を広げて、そのままの体勢で落下傘のようにゆっくりと降りて行き
  水面直前で反転ダイブします。ダイブしたと思ったら、即抜けです。
  この型は途中でダイブを止めて飛び去る場合が多く、例え着水しても迫力に
  欠けます。
    
3型 飛行機の着陸型(斜めダイブ) 浅瀬のポイント
  徐々に高度を下げながら水面に対して鋭角に着水し、そのまま飛行機の
  離陸のように上昇します。
  飛翔スピードがあれば案外面白く綺麗な画が撮れますが、慣れないと
  着水時間が一瞬なのでピントを合わせるのが難しいです。
   ↓昨年撮った3型の写真
20100504-5eos7d400m0019_R.jpg

20100504-5eos7d400m0016_R_20110519000552.jpg




下の写真は1型ですが、これはスピードがなくて、水しぶきが少ない方です。
手前に抜けてくれたので証拠写真程度にはなりましたが、着水してから後ろに
抜けることも多く、ピンが前の水しぶき+ピンボケ後ろ姿でボツ写真だらけ(涙)
ef400eos7d0020_R

ef400eos7d0062_R

ef400eos7d0063_R

ef400eos7d0064_R

ef400eos7d0065_R

ef400eos7d0066_R

着水してから水しぶき(水柱)の後ろに抜けた場合の参考写真が
次です。完全なダイブの失敗写真になります。
どうしてもAF撮影だとピンは手前の水柱に来てしまい、後方に抜ける
コアジサシはピンボケです。ホバの時に、コアジサシのクチバシの方向で
どちらに抜けるかおおよその判断がつきそうですが、実際に撮影している
ときに、それを考える余裕はないし、コアジサシの場合はダイブ回数が
多いので、そのまま待てば必ず次ぎのチャンスがあります。
↓は1型の後方抜けの写真 後方抜けだとまず水柱に合焦します。
ef400eos7d0038_R

AFだと水柱が邪魔して、コアジサシにピントが来るのが遅れます。
ef400eos7d0039_R

ef400eos7d0040_R

次は定番の横抜けパターンです。水しぶきがあってもコアジサシに合焦しやすいので
AFでも成功率が高いです。ただし1型の場合は着水から水面抜けするまで、一瞬タメが
入るので、2型や3型と違ってレンズを早めに振ると近場のダイブはフレームアウトします。
ef400eos7d0021_R

ef400eos7d0022_R

ef400eos7d0023_R



密かに狙っている1型で正面抜けのパターンです。
これは距離があってピンも甘いので、大トリミングが出来ません(涙)
水面に映りこんだ色が綺麗で、正面抜けは決まると迫力のある画になるので、
とても残念です。一枚目はもっと大きくトリミングしても大丈夫かも?
ef400eos7d0131_R

ef400eos7d0132_R

ef400eos7d0133_R

ef400eos7d0134_R


これも典型的な1型です。ピンが甘くて露出オーバーですが、次回に期待して下さい。
ホバを狙うと空抜けなので+補正しますが、そのままダイブされると露出オーバーに(涙)
瞬時に切り替えられないので、やはりRAWで撮るべきか・・・
ef400eos7d0048_R

ef400eos7d0049_R

ef400eos7d0050_R

ef400eos7d0058_R

ef400eos7d0059_R

ef400eos7d0060_R

ダイブも大きくて迫力のあるコアジサシが撮れるように頑張りたいと思います。
近くのダイブを外さなければ即解決ですネ。 しかし、これが難しいです(涙)。
昨年のノートリのダイブ写真は、もう無理なような気がします。
写真の出来も昨年の方が良いかも??? ↓昨年のダイブ写真。レンズは同じ。
20100504-5eos7d400m0017_R_20110519000453.jpg

20100504-5eos7d400m0020_R_20110519000514.jpg

以上、ほとんどのコアジサシがピン甘です。AFでは水柱が邪魔して思うように
撮れません。猛暑になるまでは、ジャスピンコアジサシを目指して頑張りま~す。

■EF400㎜+EOS7D  手持ち撮影 トリミング

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:野鳥の写真

Comments(2) | Trackback(0) | ツバメ&コアジサシの飛翔 2011

コアジサシ  水上の求愛給餌 « home » コアジサシのホバ

Comment

ここまで

お邪魔します.

ここまでこだわりを持って撮っていらっしゃるのが凄い.
カワセミ以外にもダイブ,キャッチする鳥が居るんですね~.
しかも白いし,素速そうですし,随分と難しそう.

2011-05-20 22:04 | URL | hesse [ 編集]

hesseさん こんばんは~
コアジサシの撮影は、もう完全な病気でして
5月いっぱい続きます。
苦手なダイブの練習台になってくれるコアジサシは
私にとっては大変貴重で、ホント感謝♪ 感謝♪
とても助かっています。
ここで沢山練習して、夏休みはヤマセミのダイブに
再度挑戦したいと思っています。
hesseさんも コアジサシを撮ってみませんか??
面白いですヨ~

2011-05-21 02:06 | URL | 花助 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://khanasuke.blog1.fc2.com/tb.php/496-83bec136

プロフィール

花助

  • Author:花助
  • 上から読んでも、下から読んでも
    「とほ・ほ・・ほと」です。

    ・世田谷在住の親爺で~す。
    ・趣味はカヤック、風景や野鳥撮影
    ・好きな所 信州
    ・撮影機材 オリンパス
           キャノンとペンタックス

    ・天体望遠鏡と骨董レンズによる野鳥撮影に凝っています。

とほ・ほ・・ほと観覧者へメッセージ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。