スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

コアジサシのホバ2011-05-18(Wed)

■ホバリング
ef400eos7d0078_R

コアジサシのホバの魅力は、青空に広げられた白い羽とのコントラスト
の美しさにあると思います。そして、そのホバの姿も面白いですネ

コアジサシのホバはカワセミと違って、ホバリング中の高さが一定でなく、
後で写真を見ると・・・かなり上下します。
ef400eos7d0079_R

ef400eos7d0083_R

ef400eos7d0084_R

ef400eos7d0088_R

ef400eos7d0090_R

ef400eos7d0121_R

ef400eos7d0122_R

しかし実際に撮影してみると、カワセミと違ってホバの位置が高いので
空抜けの撮影になり、曇り空だと露出補正しても色出しが難しいです。
これを逆手にとって、元々がクチバシを除けば白と黒のコアジサシ・・・、
そのまま撮れば被写体がモノトーン調に仕上がります。
何もしなくてもシルエットホバやモノクロホバの出来上がりで、これが
コアジサシの色合いによく似合っています。

ef400eos7d0027_R

ef400eos7d0028_R

ef400eos7d0029_R

ef400eos7d0030_R

ef400eos7d0031_R

モノトーンになると上品とというか、ギラギラ感がなくなって日本的?
趣が増した感じになるから不思議です。
ef400eos7d0117_R

ef400eos7d0118_R

ef400eos7d0094_R

ef400eos7d0096_R

ef400eos7d0098_R

ef400eos7d0099_R

ef400eos7d0100_R

ef400eos7d0102_R

ef400eos7d0103_R

昨年は偶然に、コアジサシの真正面からのホバを真下で撮る機会
ありました。河川敷での撮影で、こんなに良いチャンスはなかなか
巡ってこないです。
今年もホバを大量に撮影しましたが、ほとんどが後ろ向きや真横からのホバ。
やはり、ここで真正面のホバを真下から撮るには、ボートに頼るしかないと
思っています。


■EF400㎜+EOS7D 保ち撮影 トリミング

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:野鳥の写真

Comments(0) | Trackback(0) | ツバメ&コアジサシの飛翔 2011

コアジサシのダイブ « home » コアジサシの魅力

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://khanasuke.blog1.fc2.com/tb.php/495-92454f31

プロフィール

花助

  • Author:花助
  • 上から読んでも、下から読んでも
    「とほ・ほ・・ほと」です。

    ・世田谷在住の親爺で~す。
    ・趣味はカヤック、風景や野鳥撮影
    ・好きな所 信州
    ・撮影機材 オリンパス
           キャノンとペンタックス

    ・天体望遠鏡と骨董レンズによる野鳥撮影に凝っています。

とほ・ほ・・ほと観覧者へメッセージ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。