スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

コアジサシの魅力2011-05-17(Tue)

■コアジサシの魅力って・・・
私の写真でコアジサシの魅力を語るのは100年早いと言われそうですが、
ここ数日間撮っただけでも新たな発見があり、ホントに面白い被写体だと
思います。ホバ&ダイブを含めてカワセミの魅力と共通点が多いです
コアジサシの一番の魅力は、着水時に水しぶきを伴うダイナミックなダイブ
だと思いますが、これだけがコアジサシの魅力ではありません。
今、私が熱くなっているのが、ホバの体勢から直下ダイブに移る瞬間の
コアジサシの微妙な姿勢の変化です。これが実に面白いと思っています。
ef400eos7d0145_R

ef400eos7d0146_R

また、コアジサシのダイブ方法もいろいろで、それぞれ変化に富んでいて・・・
何枚撮っても飽きさせない魅力があります。
最近ようやくその魅力が分かってきました。
今までは着水時の写真を一番重視して撮ってきましたが、これからは非常に
マニアックな着水寸前の写真、すなわちクチバシが水面に突き刺さる寸前の
写真などが撮りたいなァ~と思っています。超難しそう!?
撮影場所が波のない静かな湖面ならば最高なんだが、これは無理ですネ
とにかくコアジサシはホバも含めて、撮れば撮るほど魅力のある被写体だと
思いますので、皆さんも試しにコアジサシを撮ってみたらどうですか?
結構嵌りますヨ~
嬉しいことに、ホバとダイブのシャッターチャンスが驚くほど多いので、
ダイブの練習にもピッタシです。
ef400eos7d0019_R

これから数回に分けて、ホバとダイブの写真をUPする予定です。

■EF400㎜+EOS7D  手持ち撮影  トリミング 

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:野鳥の写真

Comments(2) | Trackback(0) | ツバメ&コアジサシの飛翔 2011

コアジサシのホバ « home » 懲りずにコアジサシ 

Comment

こんばんは。
コアジサシ楽しいですね。
私もはまっています。
ダイビング前のひねりも確かによいのですが、私はダイビング後のひねりが好きです。
魚を取った後少し水面に水平に飛んだ後に体を反転させて上昇すると思うのですが、横になったときに尾羽が全快で開いてシルエットが綺麗だと思うのです。
あとは、ダイビング後の水平飛行をスローシャッターでものに出来たら嬉しいのですが、なかなか成功しません。

水に飛び込む寸前はかなり難易度高いのではないでしょうかね(^^)楽しみにしてます。

リンク入れさせていただいたのは、2羽同時ダイビングの時の写真です。番で同時にダイブするとは知りませんでした。花助さんのフィールドではそんなことありますか?

2011-05-18 00:29 | URL | SAD [ 編集]

SADさん おはようございます。 
このコアジサシは手軽に撮影できて、撮影自体が面白いから
お互い嵌ってしまうのですネ(笑) お気持ちよ~く分かります。 
ホント・・変化に富んだいろんな姿勢のコアジサシが見れて
ホバとダイブの練習が何回もできるので、最高の被写体では
ないでしょうか!
ヤマセミのために、しばらくはコアジサシでダイブの練習を
積みたいです。

2羽同時ダイビングは、両者が近距離ならば水上における
求愛給餌かも????。私のフィールドでも餌を咥えている
♂を♀が誘導し水面に着地して給餌をしているのを目撃しま
した。向き合うシーンがあれば間違いないと思います。
お写真では判断が難しそう??ですが、私も番に1票です。
間違っていたら御免なさ~い。
これから暑くなりますが、お互いコアジサシの撮影に
頑張りましょうネ コメントありがとうございました。

2011-05-18 10:02 | URL | 花助 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://khanasuke.blog1.fc2.com/tb.php/494-a0e1cd1d

プロフィール

花助

  • Author:花助
  • 上から読んでも、下から読んでも
    「とほ・ほ・・ほと」です。

    ・世田谷在住の親爺で~す。
    ・趣味はカヤック、風景や野鳥撮影
    ・好きな所 信州
    ・撮影機材 オリンパス
           キャノンとペンタックス

    ・天体望遠鏡と骨董レンズによる野鳥撮影に凝っています。

とほ・ほ・・ほと観覧者へメッセージ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。