スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

信州 ツバメ撮影2011-05-06(Fri)

■置きピンによるツバメ撮影
EF400EOS7D0041_R.jpg

信州の小川で、多くのツバメが何回も何回も同じコースを通過するのを見て
初めて置きピンによるツバメの撮影をしました。すると私の腕でもツバメが
例年より大きく撮れました。今まで苦労していたのがウソみたいです。
EF400EOS7D0043_R.jpg

EF400EOS7D0044_R.jpg

実際にやってみて、大きく撮れても被写体の向きや構図が固定され、
操作が楽な分、撮っていて充実感&達成感が無く面白みに欠けます
EF400EOS7D0051_R.jpg

EF400EOS7D0052_R.jpg

一番の問題点は幅の狭い小川などを飛翔するツバメには有効ですが
飛翔コースの定まらない池や田んぼのツバメには全く使えないことです。
マニュアルフォーカスが苦手な私は、もっと練習しないといけないので
置きピンは今後の楽しみにとっておこうと思います。
EF400EOS7D0056_R.jpg

EF400EOS7D0057_R.jpg

実は、情けないことに置きピンにしてもピンボケを量産しました(涙)
飛翔コースが読めてもツバメの飛翔スピードについていけません(号泣)
EF400EOS7D0059_R.jpg

EF400EOS7D0061_R.jpg

EF400EOS7D0065_R.jpg

EF400EOS7D0066_R.jpg

EF400EOS7D0067_R.jpg

EF400EOS7D0072_R.jpg

大きく撮れたといってもトリミングで誤魔化しているので、ノートリで大きく
ジャスピンで構図を決めて撮影するなんて、まず不可能です。
あのツバメ名人さんたちは、これを当たり前のように撮影していますが
一体どのようにして撮っているのでしょうか??
ツバメの速さに翻弄されっぱなしの身にとっては、名人芸の想像を絶する技に、
ただただ圧倒されますネ 

■EF400㎜+EOS7D トリミング  全てマニュアルフォーカス

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:野鳥の写真

Comments(2) | Trackback(0) | ツバメ&コアジサシの飛翔 2011

春ノビタキ « home » 信州の野鳥

Comment

小さく撮って大伸ばし...

全くもって技術の向上が見られません。

どうやったらウマくなるんですかね...

最近、凹むことが多いです(+o+)

ま、でもマイペースで楽しもうと思います。

ヨンゴーロク、なかなか良い感じです。

AFは、ちょっと考える事もありますが、シグマより格段にシャープになりました(^^♪

2011-05-06 19:58 | URL | かつもる [ 編集]

かつもるさん こんばんは~
毎年ツバメに挑戦していますが、運動神経が鈍いのか
これまで大きく撮れたことがありません。
ヨンゴーロクは大変コンパクトなので、今年はこれ1本で
ツバメとコアジサシのトビモノに挑戦しようと思います。
このレンズのピント操作に慣れれば、例年に無く大きく
撮れるかもしれませんネ。楽しみながら頑張りま~す。

2011-05-07 02:13 | URL | 花助 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://khanasuke.blog1.fc2.com/tb.php/486-25fd0cf9

プロフィール

花助

  • Author:花助
  • 上から読んでも、下から読んでも
    「とほ・ほ・・ほと」です。

    ・世田谷在住の親爺で~す。
    ・趣味はカヤック、風景や野鳥撮影
    ・好きな所 信州
    ・撮影機材 オリンパス
           キャノンとペンタックス

    ・天体望遠鏡と骨董レンズによる野鳥撮影に凝っています。

とほ・ほ・・ほと観覧者へメッセージ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。