スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

菜の花ハイチュウ EF400㎜F5.6L 編2011-04-07(Thu)

■EF400㎜F5.6Lで撮った菜の花ハイチュウ
話が前後しますが、また土曜日の菜の花ハイチュウに戻ります。
当日は常連さんたちのロクヨン大砲群に混じって、キャノンEF400㎜F5.6を
使用している方がいました。このレンズ、大砲の中に入るとホントに小さく見えます。
その方が撮られた菜の花ハイチュウの写真を見せて貰いましたが、これが素晴らしい。
このレンズでここまで写るのか!? 腕の違いを感じました。

●陽炎が酷い時間帯は、どのレンズで撮っても解像感が??です。
IMG_3653_R.jpg

IMG_3693_R.jpg

私も同じレンズEF400㎜F5.6Lを持参したのですが、距離があったので
今回はあまり使用しませんでした。しかし何枚か撮ったショットを後で見てみると
悔しいことに天体望遠鏡よりもジャスピンの写真が多いのです。
IMG_3725_R.jpg

IMG_3728_R.jpg

短い&軽量&手持ちなので、取り回しが良くピント操作が楽だから当然の結果かも
しれませんが、やはり複雑な心境です。
何時になったら三脚を使用したビクセンFL80Sシステムが、カメラレンズ並みの
ピント操作性になるのか???
結果を伴わない改造にも、そろそろ疲れてきました。

そもそも・・
最初から野鳥撮影をEF400㎜F5.6Lのような望遠レンズでスタートすれば、
天体望遠鏡に興味を抱き拘ることもなかったでしょう。
しかし、BORGで本格的な野鳥撮影を始めてしまい、野鳥写真の画質基準が、
天体望遠鏡の解像度になってしまった・・・・これが不幸?の始まりです(笑)。
底なしのBORG沼に入り込んで、抜け出せなくなりました。

しかし
今回、改めて天体望遠鏡とEF400㎜F5.6Lで撮った写真を見比べても
私の腕では、そんなに大きな差は感じられません。
ならば、今後は天体望遠鏡に拘らず・・使いやすいカメラレンズのEF400㎜F5.6Lや
NFD500㎜F4.5Lをもっと多用し、これらレンズを通してトビモノの撮影技量を
磨いていきたいと思い始めています。

■撮影 EF400㎜F5.6L+EOS7D 大トリミング


早いもので、今月末には大好きなコアジサシの撮影がスタート出来るかも!?
また、同じく毎年課題になっているツバメの飛翔撮影もシーズンインします。
●昨年BORG71FLで撮ったツバメ  
 20100822k70007_RS[1]

今年こそはドアップのツバメが撮りたいです。
このコアジサシとツバメの飛翔撮影は、被写体の動きが早く、撮影自体がスポーツ感覚で
撮っていて楽しいので、今から心が躍ります。
また、機材も軽く、車を使って遠征しないのがエコで良いです。皆さんも如何ですか?



さて、今週末は義母さんが心配なので、福島県いわき市に帰省します。
放射能による風評被害が酷い地域で、元凶の福島原発問題が早く解決しないと
このままでは、いわき市の農業・漁業・工業および地域経済と住民の生活環境が
物流が止まって成り立たなくなります。
観光地はどこも閉鎖のままで、3月末で雇用契約が終了した契約社員の皆さんは
契約更新がされず、多くの方が職を失ったと聞きました。
とにかく、この風評被害、早くどうにかして貰いたいです。

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:野鳥の写真

Comments(2) | Trackback(0) | EF400mm F5.6L USM

1ケ月後の被災地・北茨城  磯原~大津港 « home » 新しい鏡筒で試し撮り

Comment

デアゴスチィーニの「野鳥の世界」の50号にとりあげられた、
私もよく行ってた仙台の蒲生干潟が今回の地震で起きた津波で
壊滅したようです…
行方不明者の捜索の邪魔になるかもしれませんし、まだ危険かも
しれませんので直接は見ていませんが、地元の新聞のニュースだと
干潟部分全てが砂に埋まってしまい、元には戻らない可能性が高い
ということです。
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110401t13076.htm

戻るとしても何十年程度ではなく、何百年オーダーの歳月が必要かも。

仙台の中心部でも3月末までは食品、ガソリン、灯油の調達が
厳しかったですが、沿岸部以外の復旧は比較的早く、
私は2晩の停電、2週間の断水、3週間のガス停止程度、
(水道は1週間程度で修復されたのですが、入居している建物の
貯水タンクの修理でさらに1週間待たされた)、
個人的な被害は食器がいくつか割れてダメになった程度で済み、
津波と原発の被害にあっている方々とは、比べるのも失礼なほどの
軽微な被害しかなく、沿岸部の方、福島の方とは同じ東北人として
申し訳なく感じてしまうほどです。

ただ、もし地震が1日か2日遅れていて、もし土曜か日曜の午後に
鳥撮りに蒲生干潟に行っていたら…(その日の気分で行くのを決めてたし…)
私も津波に巻き込まれていたかもしれないと思うと、ものすごく怖くなります。
しばらくは鳥撮りをする気になれそうもありません。

2011-04-12 23:22 | URL | まさ [ 編集]

まささん こんにちは~
なんと東北の仙台にお住まいでしたか・・
とにかく被害がなくて、安心しました。
今回、いわき市に帰省し知人の住んでいる被災地を回って、
改めて津波被害の大きさに驚きました。
帰省する前、時間があればヤマセミの撮影をしようと
思っていた自分が恥ずかしくなる程です。
現状では、1ケ月経っても悲惨な状態で・・・・・
これから本格的な復旧工事が始まると信じたいです。
まささん 何か困ったことがありましたら、遠慮無く
下記のアドレスにメールください。
hanasukek@yahoo.co.jp

2011-04-13 14:41 | URL | 花助 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://khanasuke.blog1.fc2.com/tb.php/475-bfd4b83e

プロフィール

花助

  • Author:花助
  • 上から読んでも、下から読んでも
    「とほ・ほ・・ほと」です。

    ・世田谷在住の親爺で~す。
    ・趣味はカヤック、風景や野鳥撮影
    ・好きな所 信州
    ・撮影機材 オリンパス
           キャノンとペンタックス

    ・天体望遠鏡と骨董レンズによる野鳥撮影に凝っています。

とほ・ほ・・ほと観覧者へメッセージ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。