スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

ユラユラ病2011-03-18(Fri)

東北関東大震災により、お亡くなりになられた方々のご冥福を
お祈り申し上げます。
また被災された方々に、謹んでお見舞い申し上げます。
被災地において一日も早い復旧及び復興を、お祈り申し上げます。

・・・と書いても、残念ながら被災者の方には何の役にも立ちません。
まず義援金から始めて、これから自分がすべきことを実行していきたいと
思います。



■ユラユラ病
古くて細長い雑居ビルの8階が、私の職場です。
大震災から今日まで、毎日のように揺れています。
構造的に揺れやすいのか、自宅では全く被害がないのに・・・
ここでは棚のものは全て落下し、書庫は倒れ、机の上のタワー型のパソコンも
モニターと一緒に倒れました。
重たい本がぎっしりと詰まったま倒れた書庫は、起こすことが出来ないので
未だにそのままの状態です。
とにかく、このノッポビルはよく揺れます。
この状態が長く続いたせいか、帰りに駅のホームで電車を待っていても
自宅で風呂に入っていても・・・ユラユラ・・・ユラユラ・・
常に揺れいる感覚が続いていて、寝床に入っても抜けません。
「少し疲れているのかナァ」と、渋谷の9階ビルで働く娘に話したら
娘の職場では「ユラユラ病」といって、皆同じ症状らしいです。
船旅の後遺症のようなこの「ユラユラ病」、いつになったら治まるのか??
今後の大きな地震を考えると、早く低層階に移りたいです。

■援助の輪
東京では、電力不足のために・・・
駅・公共施設・デパートでは補助照明は切られ、エスカレーターも止まったり
お店も早仕舞いで、夜は暗くなって人も疎らです。
昼間は動いている電車の中も、消灯です。暗くなって寂しくなりました。
スーパーの食料も少なく、ガソリンスタンドも並んで限定量の給油です(涙)
何か・・気持ちまでが鬱になりますネ。
ところが、
先日、仕事で小田急相模原にいった時、停電で信号機も止まっているのに
お昼に入った定食屋さんでは、停電中でもちゃんと営業していました
その店主が、「今自分に出来ることは、皆さんに食事を提供すること。
これしかないので、最後まで頑張って営業するヨ」
と話していました。
これは嬉しいですネ 
おいしい食事以上に、元気をいっぱい頂きました。

また昨日会った方は、その方が所有している空室になっているアパートと貸家を
被災者の方に無償で提供したいと話していました。
実現するにはいろいろと問題が多いと思いますが、是非実現させて貰いたいと
願っています。

今日の午前中に訪問した会社には、入口に募金箱が置いてあり・・・
社長と専務(奥さん)が、会社として別に30万円寄付したいと話してくれました。
日頃からお金には非常にうるさい社長ですが、今回だけは見直しました。
そこの会社の若い社員さんが、今回の地震と放射能汚染が2011年2月20日に
インターネットで既に予言されていると言って、その場でサイトを開け手短に
解説してくれました。仕事中に巨大掲示板を閲覧するとは・・・??
「2011/02/20(日)01:55:36.65」
2011年 九州は火山で震え、関東は地震で崩れ、東北は放射能で汚染される
2012年 2011年に始まっていた大陸での戦争が休戦
2013年 世界中の海岸が陥没してゆく
           ・
           ・
短文で、いろいろと書いてありましたが、私にとっては、この予言が当たろうが、
今となってはどうでも良いことです。
この時期に予言を持ち出すのは、不安を助長させる行為だと思い、その社員さんの真意が
分かりませんでした。しかしこの予言には続きがあって・・・
東北は復興するどころか、未来においても世界から賞賛される先端地域になる。」
「原発がどうなるかはわからないけど、日本は大丈夫。本当に大丈夫。」
「わたしらがやることは、死んだ人達が命を懸けて遺してくれた社会を、辱めないこと。貶めないこと。」
・・・等等

解説を聞いて、年甲斐もなく何か救われた気がしました。
そして2chまで持ち出して解説してくれた、彼の真意を理解しました。
いまでは、この予言を信じてみようという気になっています。
必ず予言を現実のものにしなければならないと思っています。

今日は人々の優しさに接し、希望を持てた一日になりました。感謝です。
私も日々の生活を通して周りの方に元気と希望が与えられるように、
もっと頑張りたいと思いま~す。


Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:今日の独り言

Comments(2) | Trackback(0) | その他

早く平時に戻ること « home » 大きな地震でした!?

Comment

ユラユラ病ですか。私の勤務先の建物もユラユラ病を罹っておりまして、未だに揺れているようです。
今回の地震で思ったことがあります。日本人はなんと律儀なんでしょうか。地震で逃出したが、次の日にコンビにお金を支払いに行くとは、世界中どこを探してもこのような人間がいますか。
隣の某国では略奪がすぐに起きているでしょう。何が世界の第2番目ですか。
ご指摘のように東北は未来都市になる勢いを秘めておりますよ。私は茨城ですが、これからは北の都市に活力がありますよ。
被災者はがんばってください、という言葉は嫌いだそうです。復活しましょう、という合言葉で元気を取戻して未来を切開きましょう。手に手を取って。
これからも期待しております。

2011-03-19 20:57 | URL | 隼人 [ 編集]

隼人さん こんにちは~
バタバタしていてレスが遅れて、御免なさい。
神戸震災の時と同様に被災された皆さんの態度は、
秩序正しく辛抱強くて・・とても立派ですネ
広域災害なので、政府の対応が後手後手なのが残念ですが
政治が強力なリーダーシップを発揮して、被災された方の
劣悪な環境を早期に改善して貰いたいと願っています。
神戸震災の時にも話題になりましたが、地震多発列島の日本には
アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁(FEMA)のような、大災害時に
即座に対応できる専門省庁が必要で、今の官邸主導型の対応では、
現段階で既に皆が疲れ切っており、過去の災害の経験も生かされないままで、
いつもながら全く頼りになりません。
今年の南半球の大型災害を目にすると、日本を襲う夏以降の台風も
大変心配です。
地球環境が大きく変わりつつあるのに、人類はCO2削減も
ままならず、今後大きな災害を受ける確率が高くなっています。
天災が人災と言われないためにも、これからは「日本にもFEMAを!」を、
これをスローガンに掲げて、皆に呼びかけようと思っています。

2011-03-21 13:20 | URL | 花助 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://khanasuke.blog1.fc2.com/tb.php/471-39e33032

プロフィール

花助

  • Author:花助
  • 上から読んでも、下から読んでも
    「とほ・ほ・・ほと」です。

    ・世田谷在住の親爺で~す。
    ・趣味はカヤック、風景や野鳥撮影
    ・好きな所 信州
    ・撮影機材 オリンパス
           キャノンとペンタックス

    ・天体望遠鏡と骨董レンズによる野鳥撮影に凝っています。

とほ・ほ・・ほと観覧者へメッセージ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。