スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

ビクセン FL80S 野鳥試し撮り2011-02-12(Sat)

最近使用しているのはキャノンの望遠レンズNFD500㎜/4.5ばかりで
たまには天体望遠鏡を使用しないと、看板に偽りありですネ(大汗)
そこで小雪の降る中、取得したビクセンFL80Sの試写をしてきました。
まだ仮組みの状態なので、合焦する幅が中途半端に狭いです。
合焦装置は、BORGのドロチューブ(短いもの)のみ♪
さて、どうなる事やら・・・・


■ビクセンFL80Sで野鳥撮影
ヤフオクで落札したビクセンの名機FL80Sはジャンク品でした。
その程度は・・・
1.対物レンズの周辺にぐるりとカビが発生
2.前玉に軽微な擦り傷が2カ所
3.鏡筒に無数のキズと汚れ
4.オイルが硬化していて、フォーカサー操作が非常に固い
5.ネジのサビ 

このジャンク品を取得した理由
1.フローライト鏡
2.F8無理のない設計
3.ビクセンFL55Sの性能に驚いたから
4.生産中止で今では入手困難
5.このFLシリーズは超高性能、名機と呼ばれている
6.タカハシFC76に比べて、とても軽い


ボロボロの状態で届いたFL80Sを、仕事帰りの深夜に
無水エタノール等を使用してピカピカに磨き上げました。
外見は見違えるように綺麗になり、思わずニッコリ♪
しかし純正の合焦装置は固くて使えませでした。
またカビだけは発生が表面でないので、素人にはお手上げです。
BORGのドロチューブを強引に装着して、仮組み完成♪

そして試し撮りの被写体は、コミミ・・・・
繁忙期で野鳥を撮る暇がないと言いながら、
ノーマルタイヤで雪中のコミミ狙って・・またまた北上。

くどいようですが・・・、
対物レンズがカビたジャンク望遠鏡の写り・・それがこれ↓です
FL80SK582_R.jpg

FL80SK583_R.jpg

FL80SK568_R.jpg

FL80SK573_R.jpg

FL80SK577_R.jpg

FL80SK578_R.jpg

FL80SK543_R.jpg

FL80SK545_R.jpg

やはり、天体望遠鏡は面白いですネ 
意外性と写りの感動は、やった人しか分からないかもしれません。 
カメラレンズのNFD500㎜は、とても使いやすくて優秀なレンズですが
天体望遠鏡の解像力&コントラスト及びトリミングの耐性力を比べると
確実に劣ります。同じフローライトなのに、この差は歴然です。
でも明るいレンズと取り回しの良さは野鳥撮影では大変魅力なので、
実際に道具として使用する場合の優劣は、付け難いです。

とにかく、この望遠鏡の写りは、評判通りでした。
FL80SK574_R.jpg

FL80SK561_R_20110211230123.jpg

FL80SK579_R.jpg

中心部だけではなく周辺部までキレのある解像度で、これは良いレンズです。
F8という無理のない設計+優れた光学設計+フローライト+非エコガラス
と最新のデジタル一眼の組合せで、今でも十分に使えます。
単なる懐古趣味で取り上げているのではなく、今でも第一級の性能を
有している逸品だと思います。
ヨシカワさんでカビ取り清掃メンテをしたらもっと良くなるでしょう!?
今後が楽しみになりました。
この写りの良さはFL55Sと全く同じで、やはりビクセンのFLシリーズは、
優れものですネ。FLシリーズ、全機種が欲しくなってきました。
実は、この対物レンズはノンコーティングなんです。
コーティングって、無くても大丈夫??? 
レンズ枚数が少ないと、あまり写りに関係ないのかもしれませんネ。

しかし良いことばかりではありません。この望遠鏡の唯一の欠点は、
長焦点なので筒が長くて、手持ち撮影では使い辛いです。
タカハシのフローライト鏡に比べると大変軽いのだけど、長さだけはほぼ同じ。
手持ちでトビモノを撮影するには、大変辛いものがあります。
今、左手が筋肉痛です(涙)。
長い筒と久しぶりのドロチューブ操作で、疲れました。
手持ちで野鳥のトビモノを狙う場合は、取り回しの良さなど・・
操作性も重要なので、この長さはどうにかしたいです。

この望遠鏡・・・
今後はNFD500㎜と使い分けながら、いろいろと試行錯誤を繰り返し
楽しみたいと思います。
レンズのメンテ代、特注AD代のメドが立たず、しばらくはこのままかも(大汗)

今日も猛禽パラダイスの皆様方、ありがとうございました。
あきGGさん 大変お世話になりました。感謝♪
Wさん、連日お付き合いしたいけど、ノーマルタイヤだと危ないのでゴメンナサイ。
スタッドレスタイヤも欲しい・・・

今日撮影しててペンタックスK5のWBが暴れて、色調がコロコロ変わります。
これ私のものだけでしょうか? 前半は↓のようにほとんどが茶色っぽくなって
いました。
FL80SK523_R.jpg


■撮影 ビクセンFL80S+K5 トリミング  シャープネス

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:野鳥の写真

Comments(10) | Trackback(0) | ビクセン FL80S

茶色い画 « home » ビクセン FL80S

Comment

小雪がちらつくコミミ、いいですね!

雪と**を撮ろうと思ったんですが、寒さに負け布団から出られませんでした(^^ゞ

次行く時、声掛けて下さい!(笑)

FL80Sですか、またオモチャ(失礼!)が増えましたね(^^♪

でも解像しててびっくりですね、カビ付きとは思えません(笑)

天体用のレンズも興味津々ですが、良く分からなくて正直。

7Dと相性も良くないようだし...

レンズ選び迷いますネ、ま、楽しいんですけど迷ってるうちが(^^♪

2011-02-12 07:16 | URL | かつもる [ 編集]

花助様、こんばんは。
ここは例の土手のポイントですよね?
この雪の中ご出勤とは素晴らしいです。
それにしても素晴らしい写りですね。
私も同じフローライトの71FLですが、とてもこんな絵は撮れません。腕の差歴然です。
ところで、ハイチュウのポイントって川沿いのようですね。
私は腕がないのでもう少し明るいレンズがほしいです。
ロクヨン+D3Sが理想ですが、とても手が届きませんね。

2011-02-12 21:35 | URL | Well-U [ 編集]

かつもるさん こんばんは~
天体望遠鏡にも好みがあって、機材の整理と入れ替え
を今進めています。
ピントが合えば、大手メーカーの高額なカメラレンズ
に写りでは負けませんヨ~
これを一度経験すると、もう病み付きになって・・・
皆さんBORG沼と呼んでいます。
ただし安易な気持ちで取得すると、マニュアルフォーカス
なので、すぐに諦めてヤフオクへという人もいます。
最初から高額なカメラレンズが買える人には、操作性を考えると、
天体望遠鏡の選択はないかもしれませんネ
天体望遠鏡が野鳥撮影に向いていることが、私の下手な写真で
分かっていただけるか自信がありませんが・・・
とにかく良く解像することは、間違いありません。
もっと練習して、ヤマセミのダイブが撮れるように
頑張りたいと思いま~す。

2011-02-12 21:36 | URL | 花助 [ 編集]

Well-Uさん こんばんは~
いつもの土手の上です。雪の日は、狙い目かも・・・・
人がほとんどいない上に、コミミの出が良くて
最高でした。
鮮明に撮れた理由は、近くでコミミがホバをやってくれた
からで、その場にいれば誰でも撮れますヨ~
71FLは、軽くて使いやすく写りも良いですネ
今回はビクセンFL80Sだったので、筒が長くて
操作が大変でした。
私の友人はロクヨン+D3Sですが、カメラのファインダー
を覗いて、明るさ&見易さ等・・次元の違いを感じました。
この機種は、ほんとに凄いです。
私も欲しいですが、当分はこのカビ付望遠鏡で頑張ります。

2011-02-12 22:00 | URL | 花助 [ 編集]

花助さん、こんばんは

これはすごいです。
まことに失礼ながらあきGGさんかと思っちゃいました。

50FL(400mm、F8)もいかがで?(W)

2011-02-12 23:32 | URL | bunny2 [ 編集]

bunny2さん どうもです♪
bunny2さんのカワセミ飛翔撮影の凄腕ならば、
もっと凄い写真が撮れますヨ~
今度、試しにあきGGさんのフィールドに遠征
しませんか? 
50FL(400mm、F8)は同じようなスペック
のビクセン望遠鏡を持っているので
今回はパスします。代わりに・・・・
BORGの望遠レンズユニットは、発売されたら
必ず購入するつもりです。これは楽しみです。

2011-02-13 10:31 | URL | 花助 [ 編集]

ドローチューブ、純正は硬くて使えなかったとのことですが、固定用のボルトを緩めても硬かったのですか?

私、FL70Sのドローチューブはヨシカワさんでメンテしてもらいましたが、緩めたときはほぼフリーです。鏡筒を左手で支えて、カメラを右手でホールドしていますが、カメラを鏡筒から引き離す感覚で鏡筒を突き出すとドローチューブが伸びてきますし、逆の感覚で左手を寄せるとドローチューブが縮まります。AFアダプターと合わせて使っていますが、純正の組み合わせで快適ですよぉ。
おかげでFL-70に関してはBORG沼から脱却することができました。

2011-02-13 10:53 | URL | ぐっち [ 編集]

ぐっちさん どうもです。
接眼部は、はずして内部をいろいろと調べました。
固定用のボルトを緩めてもオイルの硬化とドロチョーブ
の金属部の腐食により、ヨシカワさんにお願いした方が
良さそうです。
確かに純正品は全くガタが無く出来が良いので、メンテすれば
かなり使えそうです。丈夫さはFC76に似ているかも・。

FC76といえば、再コ-ティングをされたのですネ
私はFL80Sを入手したので、今は重たくて使用していない
FC76は売却する予定です。
それにしても再コ-ティング料が、このFL80S本体価格よりも
高いとは、これには驚きました。
しかし再研磨・再コ-ティングでFC76が新品同様に
なるのならば、これは十分に価値がありますネ。
気に入った鏡筒は、メンテすれば一生モノで・・
特にFC76はタカハシの名機、次世代に引き継げる
数少ない鏡筒なので、この出費は英断だと思いました。

2011-02-13 21:47 | URL | 花助 [ 編集]

お久しぶりです。いやーすごい写りですね
こんな写真見せられるとほしくなってきちゃいます。
北海道帰省の際はサンヨンで済ませましたがやっぱり天体望遠鏡持って行けばよかったという感じです・・・

2011-02-13 22:48 | URL | kuromin [ 編集]

kurominさん こんにちは~
ブログを拝見したら、オオワシだらけで
驚きました。凄いですネ
確かにBORG77EDで撮りたいかも・・・

コミミ、近い距離だったのでラッキーでした。
また小さい画に、戻りますのでご安心下さ~い(大汗)
では、お互い無理せずにブログを続けていきましょうネ

2011-02-14 12:58 | URL | 花助 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://khanasuke.blog1.fc2.com/tb.php/462-759905da

プロフィール

花助

  • Author:花助
  • 上から読んでも、下から読んでも
    「とほ・ほ・・ほと」です。

    ・世田谷在住の親爺で~す。
    ・趣味はカヤック、風景や野鳥撮影
    ・好きな所 信州
    ・撮影機材 オリンパス
           キャノンとペンタックス

    ・天体望遠鏡と骨董レンズによる野鳥撮影に凝っています。

とほ・ほ・・ほと観覧者へメッセージ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。