スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

トラフズク2011-01-10(Mon)

■トラフズク
この連休は年末にひいた風邪がなかなか抜けず、体調がイマイチなので・・・
コミミ撮影の遠征は諦めて、近場の川を散策することにしました。
この散策しながらの撮影スタイルは、よく歩くので私のお気に入りなんです。
この川をかなり下って行くと、昨年12月に新聞で紹介されたトラフズクの
ポイントがあります。
私はトラフズクを見たことがないので、ほんとは撮りたいのですが、
大勢のカメラマンがいると思っただけで、全く行く気になりません。
ところが、今日河川敷で出会ったバーダーさんたちが、
「人はそんなに多くないし、6羽のトラフズクは珍しいので・・
興味があるのならば、是非見に行った方が良いヨ~」
と言われて、直ぐに最寄りの駅から電車に乗って見に行くことにしました。
既にブログ友のかつもるさんとぱあせるさんが、ブログに載せているので
どんな状態で撮れるのかは分かっているつもりでしたが、今日の河川敷
は突風が吹き荒れて結構大変でした。
6羽のトラフズク、この強い北風に必死に耐えています。
nfd500k731_R.jpg

それにしても柳の木で寝ている姿も可愛いですネ 
尾羽近くを羽繕い中に寝てしまいました。
nfd500k723_R.jpg

nfd500k747_R.jpg

当日のカメラマンは8~10人ぐらい・・・・ 

枝被りになるので良い写真は撮りにくいですが、強風のお陰で枝が横に靡きます。
この強風のお陰で、一瞬枝被りが無くなる時があり、思っていたより撮影チャンスが
有って、結構楽しめました。  幸運にも目開きも♪
nfd500k764_R_20110110212509.jpg

nfd500k74_R_20110110212329.jpg

nfd500k719_R.jpg

nfd500k741_R.jpg

nfd500k721_R.jpg

nfd500k742_R.jpg

トビモノ好きとしては、飛んでいるトラフズクを撮りたくなりますが
コミミと違って日が暮れないと飛ばないらしい。
あまりに寒いので、風邪が悪化しないうちに早々と退散しましたが
まさか今日、トラフズクが撮れるとは思っていなかったので、
やはり初物は嬉しいですネ。河川敷で合ったバーダーさんありがとう。

しかし
こんな風に、ブログで紹介するとマズイのかナァ・・と思っています。
これから不都合が起きそうな気配があれば、削除するかもしれません。

■New FD500mm F4.5L+K7 手待ち一脚 トリミング

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:野鳥の写真

Comments(6) | Trackback(0) | キャノンNew FD 望遠レンズ

トラフズク ②  ウサギ顔 « home » ヒヨドリの海峡越え

Comment

いつも楽しみに見させていただいております。
6羽もかたまっているのは珍しいですね。それと、昼間から目をパッチリ開けてくれるのもいいですね。うらやましい。

2011-01-10 22:15 | URL | みささぎの虫 [ 編集]

みささぎの虫さん ようこそです♪
初めてトラフズクを撮影しましたが・・・
昼間は寝てばかりで、直ぐに帰ろうと思いました。
しかし、昼間からとてもサービスの良いものがいて、
この一羽のお陰で助かりました。
普段は枝被りが酷くて、撮影するのが難しいそうですが
今日は強風のお陰で、撮影チャンスが広がったようです。
ホントにラッキーで、良い記念になりました。
これからも、よろしくお願いします。

2011-01-10 22:57 | URL | 花助 [ 編集]

おお!行かれましたか!!

風が強いとチラチラ目開けたり動きますね!

枝もタイミングによっては被らずに済みますしね(笑)

お目目パッチリ撮れて良かったですね!

自分も人だかりは苦手ですが自宅から近いし猛禽好きとしては、行かない訳には...(^^♪

2度ほど行きましたが、10人くらいで皆さんトラ君達にもストレス掛からないよう静かに撮られてました。

ストレスにならないよう注意したいです。

2011-01-11 00:11 | URL | かつもる [ 編集]

かつもるさん おはようございます。
かつもるさんが撮った写真に、影響されました。
確かに皆さん紳士的で、長時間粘る人も少なくて
入れ替わり立ち替わりで常時10人程の人数でした。
最近は、珍鳥になると100人以上のカメラマンが
押し寄せますので、塒放棄を避けるために・・・
このままの状態を保って欲しいと願っています。

2011-01-11 10:29 | URL | 花助 [ 編集]

遂に噂のトラフズクを撮られましたね。
トリミングなしですか。もし、そうだとすると、500mmでフレーム内に頭のみとは近距離での撮影ですかね。
トラフズクとは反対方向へのプチ遠征のため、トラフズクは未だ撮っていません。飛翔写真を撮りたいが、これも難しいかもね。ドローチューブに慣れていないから。精進あるのみ。

2011-01-11 17:56 | URL | 隼人 [ 編集]

隼人さん こんばんは~
残念ながら、トリミングをしています。
木の上に止まっているので、近くに寄っても・・・・
お尻しか撮れません。
だから皆さん少し離れて顔が写るように撮影しています。
また6羽いても枝被りが酷くて、モデルになれるのはせいぜい
1~2羽です。そして、止まった位置によって良い撮影
ポイントは限られています。
全く逃げない野鳥のトマリモノの撮影なので、手持ちで撮影
して、人が多いときは短時間で撤退が正解だと思いました。
では、あきGGさんのような究極のドローチューブ使いを目指して
どうか頑張ってくださ~い。

2011-01-11 19:50 | URL | 花助 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://khanasuke.blog1.fc2.com/tb.php/449-09e0d077

プロフィール

花助

  • Author:花助
  • 上から読んでも、下から読んでも
    「とほ・ほ・・ほと」です。

    ・世田谷在住の親爺で~す。
    ・趣味はカヤック、風景や野鳥撮影
    ・好きな所 信州
    ・撮影機材 オリンパス
           キャノンとペンタックス

    ・天体望遠鏡と骨董レンズによる野鳥撮影に凝っています。

とほ・ほ・・ほと観覧者へメッセージ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。