スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

コミミズク その二 2010-12-27(Mon)

■前回の続き コミミズクの飛翔です。
まだNFD500㎜/F4.5による飛翔撮影に自信がないので・・・
コミミがこちらに近づいて来ると、すぐにEF400㎜F5.6Lに
持ち替えました。
ef400118_R.jpg

焦点距離500㎜から400㎜に、僅か100㎜の差しかないのですが
これで取り回しとファインダ-内の被写体捕捉率が格段に良くなります。
自分としては安全策のつもりでしたが、あのままNFD500㎜で
コミミ撮影を最後まで通した方が、もっと画に迫力があって面白かったかも
しれません。
ジャスピンで撮れないので仕方がありませんが、少し後悔!
ef40047_R.jpg

まだ猛禽のシーズンは、始まったばかりなのに・・・
MFの練習にはピッタシの被写体を前にして、何をそんなに焦っていた
のだろうか?? あのコミミの魅力に動揺してしまいました。 
もっとマニュアル道に精進しなくては、何時まで経っても進歩無しで
まったく上手くなりませんネ
BORGのレンズ構成と同じで、すべて「シンプル イズ ベスト」
マニュアルと決めたら、マニュアルで通す・・・
悪い写真は、カメラやレンズが原因でなくて全て自分!!
良い写真が撮れれば、自分の上達度が直ぐに確認できる。
私にとってはMFの方が単純明快で、気持ちがスッキリなんです。

でも今回はAFに逃げて撮った写真の方が、断然出来が良い(大汗)
ef40055_R.jpg

ef40058_R.jpg

ef40063_R.jpg

またもやマニュアルへの意志が、ぐらつき始めます。
このまま、来年も自問自答の日々が続くのでしょうネ。 

■流し撮り
日没後、日が沈んで光量が乏しい時間帯に・・・
ますますコミミが活発に飛び始めました。
ef400182_R.jpg

「もっと明るい時間帯に飛んでくれれば、良いのに!!」と
野鳥を相手に1人でブツブツ・・、ここで簡単には諦めきれません。
ギリギリまで手持ちで飛翔シーンを撮り続けました。
当初は意図して流し撮りを始めた訳では無いですが、さすがに
この光量では、遅いSS・・・全て流し撮りになってしまいます。
確率は相当悪いですが、それでも何枚か使える写真がありますので
これはこれで楽しいです。
ef400104_R.jpg

ef400128_R.jpg

ef400129_R.jpg

ef400140_R.jpg

ef400157_R.jpg
羽切れ・・・
ef400172_R.jpg


それにしても、コミミって・・とても愛らしくて・・
今回、すっかりコミミファンになってしまいました。

私はハイチュウよりも、こちらに嵌ってしまいそうです(笑)。

先日、ここの情報をくれた友人W氏が撮ったコミミの写真は、
ネズミを獲った1羽のコミミを、2羽のコミミが追って空中乱舞している
ものでした。他にも複数のコミミが一緒に写っているバチピンの写真を
見せられ・・・、「これは凄い!」と唖然としてしまいました。
こんな写真を見てしまうと、ここにしばらく通ってみたくなります。
彼曰く、人の居ない場所で待つのは、かなり勇気がいるそうです。

今回常連さんから、ここのマナーを含めていろんなことを教わりました。
これからカメラマンが多くなりますが、コミミの通路を確保するために
カメラマンはばらけないて集って待つ、決して追わない、自転車通路は
三脚で邪魔しない
等、皆さんは既にご存じかもしれませんが、くれぐれも
よく注意して撮影に臨んで下さいと教わりました。
これド素人なので、ほんとに助かりました。この場を借りて、ご助言感謝で~す。

■撮影 EF400mm F5.6L+EOS7D 手持ち トリミング ノイズ処理
30日から翌年の2日まで、ネット環境の無い実家に帰省しますので
ブログの更新及びコメントをお休みさせていただきます。
なので次回、12/29が今年最後のブログ更新になります。

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:野鳥の写真

Comments(2) | Trackback(0) | EF400mm F5.6L USM

一年間、大変お世話になりました。 « home » コミミズク その一

Comment

躍動感あってイイと思うんですが(笑)

悪い写真を量産するのは、機材ではなく自分の腕が未熟だから、ですね。

自分もまさにそうで、まだまだ鍛錬しなきゃデス(+o+)

でも、AFに頼り切っている自分、花助さんのようにMFでは撮れないと思います...(>_<)


2010-12-27 11:28 | URL | かつもる [ 編集]

かつもるさん どうもです♪
ここ数年、マニュアルに拘ってトビモノを撮っているので
AFでトビモノを撮影しても、あまり達成感がないのです。
これは価値観を含めて好みの問題なので、物好きだと思って
軽くスルーして下さい。
しかしマニュアルフォーカスも慣れると楽しいのですヨ~
ホントに写真の楽しみ方は、いろいろですネ


2010-12-27 19:47 | URL | 花助 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://khanasuke.blog1.fc2.com/tb.php/444-99adea5d

プロフィール

花助

  • Author:花助
  • 上から読んでも、下から読んでも
    「とほ・ほ・・ほと」です。

    ・世田谷在住の親爺で~す。
    ・趣味はカヤック、風景や野鳥撮影
    ・好きな所 信州
    ・撮影機材 オリンパス
           キャノンとペンタックス

    ・天体望遠鏡と骨董レンズによる野鳥撮影に凝っています。

とほ・ほ・・ほと観覧者へメッセージ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。