スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

抜けない・・・簡単アクロマートAF EOS2010-08-05(Thu)

先週末も仕事が入って、なかなか野鳥撮影に行けません。
仕方がないので、また機材ネタです。

■久々のWO製品のMegrez 88 Doublet FDです。
このMegrez 88 Doublet FDは、私が海外サイトの内容を鵜呑みにして一年前に購入。
対物レンズにフロ-ライトレンズFluorite lens(蛍石レンズ)を使用していると誤解
してしまったのが、直接の購入動機でした。
結局、スタクラさんに訊いても硝材は不明で、SDクラスの硝材だと説明を受けました。
私のメインレンズになるはずの望遠鏡でしたが、焦点距離500㎜F5.6というスペック。
短焦点レンズの影響か・・、期待したほどの解像度&コントラストが得られませんでした。
解像度が決して悪いわけではないのですが、他のWO製品に比べると納得がいかない。
何かが、微妙なんです。写りに関して、これは凄いというものが撮れませんでした。
容姿は、丸みを帯び、とてもグラマーで色気のあるスタイルです。
なので、フィールドではカーボン鏡と同じようにとても目立ち・・・
「それは何処のレンズですか?」と良く質問されました。
「天体望遠鏡なんですヨ~」と答えると、「とても天体望遠鏡には見えませんネ」が返ってきます。
所有者としては、機材の容姿も個性の一つなので、注目されると一応所有欲は満たされます。

トビモノを撮るようになってから、3.5㎏の重量と合焦装置がネックとなって、
最近は全く出番無しの状態でした。
使わなければ、売却してしまおうと思いましたが、一年以上も使用していないので
内部が心配です。そこで清掃&メンテを兼ねて、分解してみました。
重さの原因は、このフォーカサーユニットで、これだけで全重量の1/3もあります。
201008064k70009_R.jpg

フォーカサーを外すと、鏡筒にぽっかりと穴が!
すると、「これ、ひょっとしたら簡単アクロマートAFになるかも?」という悪魔の囁きが・・・、
止せばいいのに、
この穴に簡単アクロマートAFのトキナーレンズの鏡筒を入れてみたら
見事に抜けなくなりました。(大汗)
 とほほ・・
201008064k70004_R.jpg

調子に乗りすぎました。押しても引いてもビクともしません(号泣)。
無限遠まで使えるようにするには、あと少し押し込まないといけませんが
抜くことも出来ないのに、押し込むことなんて出来るはずもなく・・・
いろいろやってもダメで、とうとう疲れてしまいました。
それにしても取付が中途半端な位置で止まっているので、これではベンロのジンバル雲台も
使えません(涙)
また、カメラをセットしたら水平でなく、ほんの少しズレています。これもショック!
この際、相当軽くなったので手持ちにするか、三脚の場合は自由雲台にセットして、抜けるまで
しばらくこれで遊んでみます。

さて肝心のAF機能は、トキナーレンズの直進ズームのズームを使用すると・・・
辛うじてOKでした。ただし、調整不足で無限遠では合焦しません。
取り敢えず、訳の分からないまま不本意ながら出来たのが、
Megrez 88を使用した簡単アクロマートAF(EOS用)です。
Megrez 88+AC2+全玉抜きトキナーレンズ鏡筒+1.4テレコン+EOS7D
201008064k70005_R.jpg

ご覧のように格好は、とっても良いですし、AFもフルレンジでありませんが
一応実用レベルにあります。
これだけならば、不幸中の幸いで、全てハッピーエンドなのですが、日頃の行いが悪いのか
やはり人生は甘くないですネ
最初から期待はしていませんでしたが、肝心な写りが??
またしても微妙です。中心部は使えます。
しかしテレコン無しだと、元が短焦点レンズですから・・・
遠景では周辺部の解像度が、かなり甘くなります。
テレコンを付けた中心部の解像度が、Σ50-500㎜のテレ端500㎜よりは良ければ
売却せずに済みそうですが・・・、どうやらこれはクリアしそう・・。
とにかく今週末に、野鳥を試写して確かめてきます。

クローズアップレンズAC2を使用した、この簡単アクロマートAFは
手軽に製作出来るのが一番ですネ
写りも距離の近い被写体には、中心部の劣化が少ないと思っていますので
どうにかしてMegrez 88についても、活路を見い出したいですネ


以下参考画像、リサイズのみ
それぞれ10枚撮って、ベストを選択。
●EF400㎜ F5.6 解放撮影
201008064k70001_R.jpg

●Σ50-500㎜ F6.3 テレ端500㎜解放撮影
201008064k70002_R.jpg


●Megrez 88簡単アクロマートAF+テレコン×1.4  457㎜ F5.1解放撮影
解放以外の撮影はエラーとなります。
Σ50-500㎜の画像を基準に実画像比較より焦点距離とF値を概算計算しましたら
AC2の使用によって、どうやら焦点距離が×0.65に短縮されたようです。
またEOS用 簡単アクロマートAFは露出補正が必要ですが、一旦補正すると露出は暴れません
EOSはBORGで露出に相当苦労しますが、カメラレンズ並みに露出が安定します。
今回は、露出補正なし。
201008064k70003_R.jpg
レンズ構成がテレコンを含めても一番すくないので、ヌケの良い画像です。
中心部の解像度はかなり良いのですが、周辺部は一番甘い感じですネ
問題は微妙な焦点距離、テレコンを付けてf457㎜ F5.1ですから・・・
考え込んでしまいます。

さて、これをどうやって外そうか・・・、猛暑で夏バテ気味なので、
もっと体力を付けてから抜いてみたいと思います。
聖剣エクスカリバーみたいに、「抜けたら勇者」の気持ちです(笑)

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:今日の独り言

Comments(0) | Trackback(0) | William Optics MEGREZ

セッカ BORG71FL  « home » 迷彩ブラインド

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://khanasuke.blog1.fc2.com/tb.php/394-d4c09889

プロフィール

花助

  • Author:花助
  • 上から読んでも、下から読んでも
    「とほ・ほ・・ほと」です。

    ・世田谷在住の親爺で~す。
    ・趣味はカヤック、風景や野鳥撮影
    ・好きな所 信州
    ・撮影機材 オリンパス
           キャノンとペンタックス

    ・天体望遠鏡と骨董レンズによる野鳥撮影に凝っています。

とほ・ほ・・ほと観覧者へメッセージ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。