スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

迷彩ブラインド2010-08-01(Sun)

■野鳥用のブラインド
私は健康のために散策しながらの野鳥撮影が、基本の撮影スタイルなので
野鳥撮影用のブラインドには、ヤマセミに出逢うまで全く興味がありませんでした。
また実際に必要性も感じませんでした。
以前通っていた都市公園で、そこの親切な常連さんたちから安いブラインド情報を
いろいろと教わったことがあります。
その内容とは、「如何に安くブラインドを入手するか」で、使う頻度の少ないものに対する
生活の知恵だと思いました。例えば・・

1.野鳥の撮影専用ブラインドは高いので、専用ブラインドと横幅の近い
激安の着替えテントを購入して、それに100円ショップのカラースプレー缶で
迷彩模様にペイントする。
これだと、かなり低予算でOK! 着替えテントもピンキリで、ワンタッチ型が流行。 
ここの皆さんは、着替えテント派が多いようで、中にはこのテントを冬にヤフオクで
数百円で落札したという人もいて、あまりの安さにその場が大変盛り上がりました(笑)
この着替えテントを元に、各自が改良を加えるらしいです。面白そうですネ
●写真のプライベートテント[UV NT-50UV]は、 Amazonで¥ 2,480
31oryzmQi7L._SL500_AA300_[1]


2.また少し豪華な迷彩柄の非常用テント(簡易トイレ用)もあるそうで、
作りもしっかりとしていて価格も高め(1万円前後)。これが一押しらしいです。
基本構造は、上の着替えテントと同じですネ 
1.2のテントは、高さが180~190㎝にもなるので、そのままでは風に弱いという
欠点があるそうです
「もし1万円以上なるならば、迷わず専用ブラインドを買うべし!」が常連さんの
意見でした。私にはこれくらいで十分という印象です。
●写真のワンタッチ更衣テント[迷彩色]は、ネットで¥ 8,000~9,000
rescue_915dc-22[1]


3.キャンプのための少人数用のテントを、野鳥用のブラインドとして使用している人もいて
とにかく種類が豊富でワンタッチで設営出来、内部も広くてしかも迷彩柄もある。
しかし、キャンプ用のテントなので最低でも幅2m弱になってしまう。どうしても大きくなるので・・・
目立つ上に設営場所が限られ使い勝手が悪いらしい。
●写真のワンタッチスピードテント(3人用・迷彩柄)は、ネットで¥ 1,380
600x450-2010060400087-4[1]


4.とにかくブラインドが無いと入れないフィールドもあるので、念のために・・・
カモフラージュネットや迷彩布・シートは車に積んで準備だけは怠るな!

と言われました。あれば便利だし、いざという時にはブラインド代わりになると・・・
そこで、カモフラージュネットは直ぐに購入しましたが、結局一年間以上も未使用のままに(涙)。
しかし、今回のヤマセミ撮影では、このカモフラージュネットが大活躍です♪
「万が一に備える・・」という先人の教えに、救われました。
20100719k70017_R_20100801210328.jpg

そして実際にカモフラージュネットをヤマセミ撮影に使ってみて感じたことは、
炎天下の中、このカモネットを常に被ったまま長時間待機するのは、やはり疲れます。
またヤマセミが来ても、じっと動かないようにするのも辛いし、またトビモノは撮影者が
動かないと撮れない。
そこで夏休みのヤマセミ撮影に使用するためのブラインドを、ホビーズワールドさんで、
いろいろと調べてみました。それにしても、ここには欲しいものがいっぱいありますネ~
夏場はBreath(ブレス)が良さそうだけど、ブラインドに2万円以上の出費は厳しい。
当方、年中金欠の貧乏人なので
地べたに迷彩シートを広げ、そこに座って頭からカモネットを被った方が、
やはり私には似合っています・・。しかし、このままでは進歩がないので
一応、前述の着替えテントも検討しました。
着替えテントって外から見えないように生地が厚く出来ていて、猛暑の夏場
解放部が少ないので、きっとこの中はサウナ状態でしょう・・(大汗)
ふと、熱中症が頭を過(よ)ぎります。
結局、通気性と視界の良い最新ブライントのBreath(ブレス)に憧れつつ・・・、
いろいろと迷って最終的には↓これになりました。 ちょっと落差がありすぎ~
ball_house_60_02[1]

何じゃコレ? 大丈夫なの? 
どうやら、猛暑で頭がおかしくなった? 頭は暑くなくてもおかしいです(笑)。
本人は正気で、ネットより送料込み2719円で購入しました。

購入の決め手はSTマークで、やはり玩具は安全第一ですからネ(これ冗談)
中で暴れても大丈夫???
それに対象年齢は3歳以上、これは余裕でクリアです(笑)
おまけに60個のカラーボールまで付いていて、もう言うことありません(爆)
マジな話、帰省の都度、この中に入って元気いっぱいに遊ぶことにしました。
話しは簡単なんです。
最初からテントにカモネットを被せることを前提にして、小型のワンタッチ型のテントを
選んだだけです。

私は手持ちでトビモノ狙いです。大人1人が入る極小サイズのテントで十分なんです。
このボールハウスは、幅1mとコンパクトサイズ、夏には涼しいメッシュ仕様で
しかも解放部が2カ所、そして持ち運びが楽な超コンパクト&重量約730㌘と超軽量♪

これで値段が3000円以下とくれば、もう購入するしかないでしょう♪♪
カラーボールは、近くの保育園に寄付です。
色が派手なテントですが、カモネットで覆えば派手な色はほとんど隠せます。
ただし、
「このボールハウスは屋内用遊具です。用途以外の目的には使用しないで下さい。」
と注意書きがありますので、
よい子の皆さんは、念のため・・絶対に真似しないで下さ~い。
これが野外でどの程度使えるか、この夏に試してみます。

実は6月末に緑色のサンシェードを注文したのですが、どこも猛暑で品切れに!
納品を待っていたら夏休みに間に合いませんので、急遽このボールハウスになった次第。
マァ~精神年齢が幼いので、私には丁度良いのでは? ワハハハ・・。
410VuUPr1WL._SS400_[1]

さて、購入したこのボールハウス、やはりこのままでは恥ずかしいので
少し手を加えてみました。グリーンでペイントし、迷彩布などを貼りました。
●写真

元々子供が中に入って遊ぶように作られているので、思ったより丈夫だけど
作りは華奢に出来ていて、屋内用なので耐久性には自信がありません。
最大のポイントは設営&収納が超簡単で、
特に設営はワンタッチ作業数秒も掛かりません。
 
余談ですが・・・
最近、このワンタッチテントの収納に関して、上手くたためないので収納方法を教えて!
という問い合わせが販売店や製造元に殺到しているみたいです。
いままでは簡単に収納できたのに、ワイヤーのねじれなのか・・
全く折りたたみが出来ないことがあるそうです。
また収納方法もいろいろで、ネットで動画が配信されています。
簡単と思ったワンタッチテントが、折りたたみ方法で一苦労では・・・
これは大変ですネ。くれぐれもご注意下さい。

結論、後からカモネットを被せることを前提にしたら、
小型なテントならば何でもブラインドになってしまいます。
特に今年は猛暑、夏は軽くて風通しの良いサンシェードがお勧めです。

私の言っているカモネットとは、米軍仕様のカモフラージュネットのことで
ホビーズワールドさんの迷彩ネットではありません。


■何故、迷彩模様なの?
私は迷彩好きなので、望遠鏡・三脚・ブラインド・バッグも迷彩模様にしています。
果たして野鳥の目には、どう写っているのでしょうか?
以前に、フィールドで「鳥の目には、全く迷彩色に見えていないので、迷彩は単なる自己満足だよ」
という人に逢いました。ホントにそうなのでしょうか? 
どうも、この方は昆虫の目と混同していているような気がします。
そこで・・・
以前からこの点を疑問に思っていたので、野鳥の視力等をネットで調べてみました。
そしたら驚きました。「鳥の目って凄い」の一言です。
野鳥の眼球は、人間よりも網膜細胞が6倍も多く、更に櫛状体(しつじょうたい)と呼ばれる
櫛の歯のような独特な装置があり、これが増幅装置の働きをして人間の5倍~8倍もの
視力があるそうです。これは凄いです。
つまり鳥の眼は遠近両用のレンズと水晶体を持っており、水晶体も柔らかく伸縮しやすい
構造で、しかも視力増幅装置になっている。まるでズームレンズのようですネ
また網膜には、さまざまな色の玉を含む視細胞があって、他の動物より可視域が広く、
人よりも色彩豊富な色を識別できるそうです。
人間には美しい7色の虹も、鳥には倍の14色ほどに見えていることが分かりました。
なるほど、これだと微妙な色彩もチャントと認識している訳で、やはり迷彩って必要ですネ 
迷彩効果が大きいことが分かりましたので、これからは野鳥にストレスを与えないために、
念入りにカモフラージュをしようと思います。
しかし、折角カモフラージュして姿を隠してもカメラの連写音が酷いから、結局は同じ。
どうにかして、シャッター音が無音またはもっと消音にならないのかナァ・・と 
ヤマセミと至近距離から真正面で対座して、切実に感じました。
20100719k70018_R.jpg

■お詫びです。
先週、河川敷でボールハウスのブラインド写真を撮ってあったのですが
どういう訳かSDカードがボツになってしまいました。(71FL試写のSD)
再度、河川敷で71FLの試写とこのボールハウスのブラインドの写真を
撮り直す予定ですので、しばらくお待ち下さい。
最近忙しくて、なかなか野鳥撮影に行けません。
ひょとしたら、このまま夏休みになっちゃうかも・・・・

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:今日の独り言

Comments(2) | Trackback(0) | 撮影機材

抜けない・・・簡単アクロマートAF EOS « home » BORG71FL

Comment

こんばんは。完全にイメージだけで書きますが、
・ブラインドで人の動きを見えなくする。
・その上でブラインドの輪郭を迷彩で不明確にする。
ことが、効果を生むと思ってます。
BORGを迷彩にして動かなければ効果は大きいと思いますが
それは無理なので、迷彩塗装だけでは効果が低いのでしょうね。
また、レンズを覗いた目は鳥にいられているのでしょうね。多分。ピンと合ったとたんとばれますもの。

2010-08-04 00:08 | URL | SAD [ 編集]

SADさん どうもです♪
なるほど・・いつも、いろいろと参考になります。
感謝で~す。
フィールドで「鳥は人の輪郭に反応するのであって
色には関係ない」と言われました。
「車に乗っていれば、車の色に関係なく近くで野鳥撮影が出来ると・・・。」
確かに、単に迷彩だけでは効果が無いかもしれませんが
人の輪郭がブラインド等で隠せれば、やはり迷彩効果って
相当にあると私は思っています。
カモネットを頭から被っただけなのに、ここのヤマセミは全く
こちらを気にしませんでした。
シャッター音が始まると警戒し始め、その音を頼りに不審者を
見つけ出した感じです。
それでも逃げないのは、カモネットのお陰だったと思っています。
ヤマセミもブラインドも全くの初心者ですので、これからも
いろいろと教えてください。



2010-08-04 18:22 | URL | 花助 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://khanasuke.blog1.fc2.com/tb.php/393-e42cc56b

プロフィール

花助

  • Author:花助
  • 上から読んでも、下から読んでも
    「とほ・ほ・・ほと」です。

    ・世田谷在住の親爺で~す。
    ・趣味はカヤック、風景や野鳥撮影
    ・好きな所 信州
    ・撮影機材 オリンパス
           キャノンとペンタックス

    ・天体望遠鏡と骨董レンズによる野鳥撮影に凝っています。

とほ・ほ・・ほと観覧者へメッセージ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。