スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

ヤマセミ BORG77EDⅡ編2010-07-21(Wed)

■翌日(19日)もヤマセミのポイントへ
前日は夕方だったので・・・・、
背景の色乗りが悪く、また高感度撮影でもSSが全くでなくて
ダイブは全滅でした。
超簡単アクロアートAFは、夏場は明るいので夕方でもピントが正確で、
止まりモノに関して充分に実用レベルにあると思います。
今回はアクロアートAFの試写だったので、完全にAF仕様で望みましたが
ヤマセミの飛翔スピードは思ったよりも遅い感じだったので、MFで撮れば
良かったと、後で悔やみました。
20100719k70004_R.jpg

20100719k70007_R.jpg

昨日の超簡単アクロアートAFで使用した対物レンズは、ビクセンのFL55Sで
これもフローライトです。
焦点距離440㎜F8、野鳥用には少し暗いレンズですが素晴らしい写りです。
BORGの筒に繋げて使用していますので、とても使い勝手が良くお気に入り♪
いずれ、タカハシFS60CB(355㎜)、ビクセンFL55S(440㎜)と
BORG71FL(400㎜)のフローライト3機種の比較記事を書こうと思いましたが
素人の私が書いてもあまり意味がありませんネ  
今、BORGからフローライト鏡が出て、フローライト熱が盛り上がって来ましたが
フローライトと言っても、これらはあくまでも安心材料に過ぎません。
私みたいな下手な者が、フローライトで撮っても、下手は上手になりませんから・・・
道具に見合う撮影技術を、早く身に付けたいものです。
今回も、飛翔やダイブについては、失敗ばかりでした。トホホ・・

19日の朝、四時半に現地入りしましたが、ヤマセミが現れたのは1時間後。
久しぶりにチャント三脚を使用して、止まりモノの撮影をしました。
今日のメインはBORG77EDⅡ、ここでは近距離に止まることが多いので、
77EDⅡでOKです。テレコンも付けないで、素で勝負です。
撮った写真を見て、改めてBORG77EDⅡの実力に驚かされました。
画像をクリックすると大きくなります。再クリックで元に戻る。
20100719k70011_R.jpg

20100719k70035_R.jpg

20100719k70027_R.jpg

20100719k70022_R.jpg

早くから日が昇って、どんどん色が変化します。バックの色が鮮やかで・・・
昨日とは全く印象の変わったヤマセミになりました。
20100719k70039_R.jpg

20100719k70040_R.jpg

20100719k70045_R.jpg

20100719k70048_R.jpg

それにしても、なんで止まっているのがワイヤーなの・・・(号泣)

今回の最強のアイテムは、ヤフオクで購入したカモフラージュネットでした。
このネットのお陰でブラインド無しでヤマセミが撮れましたが、視界を邪魔するモノが多く
これは両眼視撮影には向きません。
またネットに、BORGのネジや帽子に付けたバッチがよく絡まりました。突起物には注意です。
ネットなので風通しは良いのですが、真夏の日差しは強いので・・やはり暑い(汗)。
このネットがなければ、このヤマセミ撮影は出来なかったでしょうから
皆さんも予備に1枚如何ですか~。

■撮影19日 BORG77ED+ペンタK7 三脚 トリミング シャープネス

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:野鳥の写真

Comments(0) | Trackback(0) | BORG 77EDⅡ

EOS アクロマートAF-BORG試写 ② « home » EOS アクロマートAF-BORG試写 

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://khanasuke.blog1.fc2.com/tb.php/390-6d757425

プロフィール

花助

  • Author:花助
  • 上から読んでも、下から読んでも
    「とほ・ほ・・ほと」です。

    ・世田谷在住の親爺で~す。
    ・趣味はカヤック、風景や野鳥撮影
    ・好きな所 信州
    ・撮影機材 オリンパス
           キャノンとペンタックス

    ・天体望遠鏡と骨董レンズによる野鳥撮影に凝っています。

とほ・ほ・・ほと観覧者へメッセージ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。