スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

祝 フローライト2010-07-16(Fri)

■BORGがフローライト鏡の販売へ
最後のサプライズは、フローライトでしたネ 
BORGがフローライトに辿り着くには、大変な苦労があったものと察しますが
ついに私の好きなフローライト鏡の誕生です。
中川さんの英断に、おめでとうと言いたいです。
私は、重篤なフローライト病なので、この発表を待ち望んでいました。
BORG71FLが、果たして名機と呼ばれているビクセンFL70Sを、
超えることができるのか興味があります。
私も直ぐにも入手したいのですが、なんと価格は79800円

天体の世界に新風を吹き込んでいるBORGが、また話題を提供してくれて
この業界も、ますます面白くなってきましたネ。
屈折望遠鏡の対物レンズにフローライトを使用したいという願望は、誰もが抱く夢ですが
それを提供できる天体望遠鏡のメーカーは、今ではタカハシだけになってしまいました。
望遠鏡以外のレンズメーカーでは、キャノンとコーワだけです。
ホタル石は天然鉱物なので、高価で加工が難しく、人工結晶化等の技術を持つキヤノンでさえ
高級レンズの一部にしか採用していませんし、コーワもフローライトクリスタルは最高機種のみ!
大手のメーカーにとってもフローライトは採算ベースに乗らない難物なんです。
それなのに・・・
この時代に、BORGがフローライト鏡をこの世に出そうとしているのですから・・・。
これは中川さんの男気を褒めるしかありません。

中川さんの目は、ターゲットを野鳥以外にも広げていて・・・
もっと市場規模の拡大を狙った戦略的な位置付けの製品 だと思います。
だから野鳥用には、短いかも・・・


■実は・・
私はBORGの関係者でもありませんし、BORGに知人もおりません。
仕事も職種が異なりますので、この業界との接点が全くありませんのに
実は2010×Ⅱの硝材がフローライトであることを、かなり以前から
知っておりました。
フローライト、フローライトと毎回うるさく言っているので、蛍石の神様が
情報を流してくれたようです。
自分から求めていた情報ではないのに、偶然にも機密情報を入手してしまい
驚いてその真偽を中川さんに確かめたら、「内密にお願いします」となりました。
アレレ・・何か、ヤバイことになったナァ~と戸惑いつつ・・
長~く続く秘密厳守の日々が始まりました。
しかしサプライズ情報を知っていながら、口外出来ないとは、これはこれで
ストレスがたまりますネ  まさにトホホ・・です。
私にとっての今回の一番の喜びは、製品仕様のサプライズではなくて
訳の分からないこの制約からの、解放でした。これで一安心です。

この原稿は、数ヶ月前からの下書きです。
やっと日の目を見ました。ほんと長かった・・・

■求愛給餌
写真がないと寂しいので・・
さっと雌に給餌すると、直ぐに飛び立ったナイスガイな雄です。
20100612eos7d0013_R.jpg

20100612eos7d0014_R.jpg

20100612eos7d0015_R.jpg

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:今日の独り言

Comments(8) | Trackback(0) | その他

EOS アクロマートAF-BORG試写  « home » 色抜きコアジサシ

Comment

ずるいな。もしわかっていたら101EDⅡをスルーして、71FLにしていたかもしれません。
フローラルライト憧れですね。
購入するとして、半年後かな…(無理!!!!)

お詫び:実は、eos用トキナーを早合点でF値カットをし間違えて動かない状況に陥りました。そこでヤフオクで落としたのですが、ひょっとして、その時、花助さんとかぶったのでは…
私の上限で止まったのですが、もしそうならすみませんでした。
ただ、花助さんと私しか興味を示さないとすれば、まだ、安く買えるかも…

2010-07-16 17:29 | URL | Hiro [ 編集]

Hiroさん ごめんなさい。
お世話になっているあきGGさんにも、
内緒にしてましたので・・お許しを~
対物のみの購入だと79800円なので、
頑張ってポチっと逝っちゃいますか・・!!
400㎜短焦点の明るいレンズなので、野鳥を撮るなら
101EDⅡでないとやはり短いかもしれません。
中川さんの目は、既にターゲットを野鳥以外にも広げて
いるようです。

あのジャンク品の競合相手は、Hiroでしたか(笑)
分かっていれば競いませんでしたのに・・・
あの機種は、ペンタ用もEOS用も今後は安値取得は
厳しいと思いますヨ~
私は、カメラ店の中古コーナーの方が、安い場合が
あるので予備に、もう一本入手したいと思います。
ブログに簡単な作り方を、マトメたいと思いますので
しばらくお待ち下さい。


2010-07-16 21:10 | URL | 花助 [ 編集]

よろしくお願いします。
不勉強な私には、先達の献身的なご努力のみが救いです。

2010-07-16 21:23 | URL | Hiro [ 編集]

花助さん、こんばんは
先のメールで会わせる顔がない思いです。

代わりにFL祭りで盛り上がっていただきましょう。
確かにFLと聞き頭に浮かんだのは花助さんのことでしたでした。(w)
さぞかし大慌てだろうと思ったらすでにご存じだったとは。
「内密に」の重さ、お察しします。

一方、個人的には88mmか90mmを期待しておりましたが、
中川氏が前日に「77EDⅡのライバルになりうるか」
とコメントを発したので期待した線は無くなったと思いましたが、
それで訳が分からなくなってしまいました。

2010-07-16 23:55 | URL | bunny2 [ 編集]

Hiroさん 
少し遅れると思いますが・・・
期待しないで待っていてください。

2010-07-17 02:07 | URL | 花助 [ 編集]

bunny2さん こんばんは~
先ほどメールしました。ご返事が遅れて
申し訳ありませんでした。
中川さんに確認しないで、ブログに情報をリークした方が、大騒ぎになって
面白かったかもしれませんネ  失敗しました。アハハハ・・
それにしても・・・
最近、すばらしいツバメをいっぱい撮っていますネ
今度は、ツバメの写真をお借りしたいと思いますので
シーズン中、いっぱいツバメの傑作を撮ってくださ~い。
お願いします。

400mmf5.6の短焦点レンズなので、手持ちのトビモノ
撮影にはピッタシですネ
77EDⅡと違って、青ハロが一切発生しませんから
ポチッといってくださいな~ 
人柱、大歓迎です。
これが当たれば、次はフローライト90mmだと思いますヨ~
F500mmf5.6の高橋のSKY90とガチンコ勝負になるかも?
面白くなりますネ
 

2010-07-17 02:22 | URL | 花助 [ 編集]

花助さま

やはりご存知でしたか。
今日、水道橋と秋葉原の望遠鏡ショップのバーゲンだったのではしごしているさなか、秋葉原のショップの店長から今日発表のボーグの新製品がフローライトだということを聞きました。真っ先に思い浮かんだのが、花助さんが思わせぶりにしていたのはこのことだったのか、ということでした。
70mmでのF5.6はFL70Sに純正レデューサーを付けた時の焦点距離ですね。余計なレンズが無い分、解像度と抜けの良さはFL70Sをしのぐものだろうことが想像できます。又、FL70S+レデューサーは設計が古いですから、イメージサークルが狭いとも言われています。新しい分ボーグの新製品の方がよいであろうと期待は高まりますね。
また、F5.6でしたら、そのままペンタのAFアダプターが使えるシーンが数多くあるでしょう。その手軽さも魅力ですね。
FLシリーズはフローライトの相方のレンズ(クルツフリント)との相性が抜群だったことが名機と呼ばれる理由なんだそうです。クルツフリントはもう入手できない非エコガラスなので、今回の相方レンズにも興味が湧きます。

いずれにせよ、これがどのように評価されていくのか、楽しみですね。

2010-07-17 20:34 | URL | ぐっち [ 編集]

ぐっちさん こんばんは~
いろいろと事情があって、思わせぶりな表現になってしまい
申し訳ありませんでした。
心の中は「王様の耳はロバの耳」ではなかった「2010×Ⅱはフローライト」
と叫んでいました。

71FLは明るい短焦点の望遠鏡なので、既に天体の人にはスペックの
評価がマチマチなようです。
野鳥撮影には大変魅力がありますが、私はぐっちさんが所有している
FL-70Sと FL-102Sに憧れます。
これらは今でも第一級のフローライト鏡だと思っています。
今では入手困難なのでホントに良い買い物をされていますネ。
私はビクセンのFL-55Sの写りに大変満足していますので
いずれは FL-70S・ FL-80Sと FL-102Sのいずれかの
1本を入手したいで~す。このままだと・・・
フローライト病は、なかなか治りませんネ(涙)

2010-07-17 21:41 | URL | 花助 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://khanasuke.blog1.fc2.com/tb.php/388-8ee3808f

プロフィール

花助

  • Author:花助
  • 上から読んでも、下から読んでも
    「とほ・ほ・・ほと」です。

    ・世田谷在住の親爺で~す。
    ・趣味はカヤック、風景や野鳥撮影
    ・好きな所 信州
    ・撮影機材 オリンパス
           キャノンとペンタックス

    ・天体望遠鏡と骨董レンズによる野鳥撮影に凝っています。

とほ・ほ・・ほと観覧者へメッセージ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。