スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

セッカ2010-07-01(Thu)

前回の続編です。
前日と同じ川に、翌日も花鳥図を狙ってセッカを撮りに行きました。
前日よりも暑く、またセッカの出が悪かった・・・。とほほ・・。
20100627k70004_R.jpg

■FL55Sのボケ
この古いビクセンFL55S(焦点距離440㎜F8フローライト望遠鏡)は、
とても優秀です。写りが良くて、小口径なのにボケ味が上品で繊細な感じです。
同じフローライト鏡のタカハシFS60CBよりも、このFL55Sの方が
ボケに関しては私の好みだと言えます。
ビクセンのフローライト鏡って、BORG筒に簡単に繋げられないのが難点ですが
その写りには独特な魅力がありますネ。
画像をクリックすると大きくなります。再クリックで元に戻る。
20100627k70001_R.jpg

20100627k70003_R.jpg

いくさんぐっちさん がお使いのFL70Sは、もっと評価が高いフローライト鏡なので
私も一度は野鳥撮影に使ってみたいです。
以前、ヤフオクに美品が格安で出ていたときに落札しておけば良かった・・と、
今となっては後悔しています。果てしない物欲の嵐が・・・(大汗)
20100627k70008_R.jpg

■望遠鏡のボケ味って・・
天体望遠鏡は、ほんとにくっきりと良く写るけど、どうも背景ボケはイマイチだ
という人がいます。
確かに、背景がうるさい場合、私も望遠鏡のボケは美しくないと感じます。
2線ボケも発生しますので、ボケ味に関しては大砲レンズに敵わないかも・・

大砲と望遠鏡との背景ボケの違いは、望遠鏡のF値が暗いので仕方がないと
思っていました。単純な私は、暗いからSSが遅くなる・・
SSが遅いからボケにくいというか、綺麗にボケてくれないと考えましたが
ケンコーEDレンズED500mm F8(4群5枚) を使用して、直ぐに間違いに気付きました。
このレンズはF8なのですが、背景がうるさくても綺麗にボケてくれます。
背景だけではなく被写体全体がボケているいうツッコミが入りそうですが・・(大汗)
ボケ味って、焦点距離以外にどうやら構成レンズの枚数にも関係がありそうです。
綺麗なボケ味を出すためには、ある程度のレンズ枚数が必要だというのは
極論なのでしょうか?
しかし、一般のカメラレンズの前玉抜きしたAFーBORGの方からは、ボケが美しく
なったという感想は、全く聞かれません。ますます分からなくなってしまいました。
ひょっとして、ボケの美しさの要素に対物レンズの厚みが関係しているかもしれない
と考えるようになりました。
天体望遠鏡の対物レンズ中央部の厚みは、BORG101EDで10㎜にもなりますので
これはカメラレンズとは比較にならないほど厚いですネ
望遠鏡の背景ボケが美しくないのは、レンズに厚みがあり、またレンズ枚数も少ないから
光学的に前玉の影響が強く出る構造になっていて、それでボケが???
どこかに天体望遠鏡を使用して、ボケ味の美しさを追求されている方がいれば、
この点を教えていただきたいと思います。

写真を撮る方には、ボケの美しさにこだわっている方が、多くいます。
ボケの美しさと言っても、その尺度も千差万別で、正に好みの問題ですネ
しかし昔から銘玉と呼ばれるカメラレンズは、写りの良さ以外にボケ味の美しさにも
定評がありました。
BORGは自由にシステムを構築出来ますので、背景ボケに着目して工夫すると
ボケの美しい超望遠マクロレンズの製作が出来るのでないでしょうか。
多少解像感を犠牲にしても、繊細優美&とろけるよう色彩のバックボケが表現できるのであれば
マクロファンも非常に多いので、ひょっとしたら面白いテーマになると思っています。

ここだけの話しですが、私は「ボケ」・・大得意なんですヨ~。
お昼に何を食べたのか、全く思い出せませんから・・・(大汗) 
おまけに「欲ボケ」や「天然ボケ」も・・!
これは、かなり深刻ですネ。 ほんとに、とほほ・・です。

■撮影 日曜日 ビクセンFL55S+BORG筒+K7 手持ち トリミング 
シャープネス適用 

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:野鳥の写真

Comments(4) | Trackback(0) | ビクセン FL55S

コアジサシ « home » ひばり

Comment

天体望遠鏡のボケ味のコメント、面白く読みました。
僕なりに考えていたボケ味の良いレンズの三要素があります。
1.被写界深度が浅い
2.絞り形状(円形がベスト)
3.2線ボケしない
3点のうち絞りのない天体望遠鏡は1,2の2点をクリアーしているので2線ボケが目立たない環境という条件さえ与えられれば基本的にボケの美しい写真が撮れると思います。
特にレンズ枚数が少ない天体望遠鏡は像のヌケが良い分美しく感じます。
ボケは点光源の焦点を外れた像の光の分布を見ればアナログ的に判るのですが、2線ボケの場合は光が像の周辺部に偏っているようです。(中心が一番明るく周辺に向かって暗くなるのがベスト)
毎日カメラという雑誌があった頃(だいぶ昔のことです)、千葉大学のある研究室によるレンズのテストがあって解像度やコントラストとともにボケ味テストという項目があってボカした点光源の像を掲載していました。
2線ボケはレンズの枚数というより各収差の補正のバランスの取り方に関係するのでしょうね。
レンズ枚数が多くても2線ボケが激しいレンズは結構ありますから。
それよりも花助さんはフラットナーレンズを持っておられると思いますがそれをつけた時の2線ボケはいかがでしょうか? とても興味があります。

2010-07-01 22:47 | URL | 夜啼猫 [ 編集]

夜啼猫さん こんばんは~
私の全く根拠の無い適当な背景ボケの記事に対して
きちっとした内容でコメントしてくださり、感謝です。
相当に頭がボケているせいか、レンズ枚数を増やせば、
背景もボケると・・単純に考えておりました。
反省ですネ

さて、WO社のフラットナーレンズの件ですが
このフラットナーを装着すると、周辺部の画像が
引き締まりコントラストも上がった感じがしますので、
WO社の望遠鏡には、いつもフラットナーを付けっ放しにしてます。
しかし、装着前と装着後の2線ボケの出方は確認しておりません。
今度、確かめますので、しばらくお時間を下さい。
また、後ほど相談したい件がありますのでメールしま~す。
よろしくお願いします。

2010-07-02 02:34 | URL | 花助 [ 編集]

こんばんは。
FL55S、素晴らしい写りですね。FLシリーズ共通の質感を
感じます。この鏡筒はFL70Sより入手は難しいですよ。
ボケ味はガラス材・レンズ設計で特徴が出るのでしょうね。
短焦点鏡は一般に収差補正が難しいので個人的にはF8位の
鏡筒に目が向きます。この点でもFLシリーズに惹かれます。
最近はヘリコイドの調子が悪くなったこともありED81Sを
使用していますが、写りは良いですよ(^ ^)

2010-07-02 21:35 | URL | いく [ 編集]

いくさん こんばんは~
いくさんがFL70Sで撮られた写真が、あまりに素晴らしいので
影響されて弟分のFL55Sを購入したのは、今から半年前です。
まだ、BORG筒に対物レンズをガムテープで仮止めの状態で・・
なかなか使用していませんでした。
今回じっくりと使用してみて、発色と解像度の素晴らしさに
いくさんご推薦の意味が良く分かりました。
F8は天体望遠鏡として無理のない設計なんですネ~
生産中止のビクセンのFLシリーズ、これは凄い鏡筒かも♪
また、困ったことに欲しくなって来ましたヨ~(笑)

2010-07-03 00:07 | URL | 花助 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://khanasuke.blog1.fc2.com/tb.php/379-4c4a548c

プロフィール

花助

  • Author:花助
  • 上から読んでも、下から読んでも
    「とほ・ほ・・ほと」です。

    ・世田谷在住の親爺で~す。
    ・趣味はカヤック、風景や野鳥撮影
    ・好きな所 信州
    ・撮影機材 オリンパス
           キャノンとペンタックス

    ・天体望遠鏡と骨董レンズによる野鳥撮影に凝っています。

とほ・ほ・・ほと観覧者へメッセージ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。