スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

ひばり2010-06-29(Tue)

■背景ボケについて

BORGユーザーさんが撮った写真を拝見すると、慣れた方はボケの処理が
とてもお上手で、実に美しいです。
これを見ると、ほんとにレンズ2枚だけの望遠鏡では、背景が綺麗にボケないという
私の持論は怪しくなってくるのですが・・・・・
やはり望遠鏡で背景ボケの美しさを追求するには、背景はスッキリとした場所で
また背景から離れる工夫が必要だと思いますが、どうでしょうか?
野鳥は、そんな都合の良い所に止まってくれるのが稀ですから、
撮影者が背景の色を気にしながら、回り込んだり、カメラを上下左右に移動したりして、
障害物を避けて撮影することになりますネ
そして
いざ撮ろうとしたら・・・もういない(涙)  
私みたいなド素人の野鳥撮影は、とほほ・・の繰り返しです。
トマリモノの撮影は、構図やボケの色合いを考えると、奥が深くて大変そう・・。
ところが私の野鳥撮影は、まだ撮るだけで精一杯で、構図など考えてる余裕が
ありません。
被写体にピントが合ってほどほど解像していれば、それだけで満足のレベルです。
特にトビモノを撮るようになってから、この傾向がますます強くなってきました。
トビモノ撮影で構図を考える余裕なんて・・、ましてや背景の色まで・・・、
私の腕では無理! 絶対無理! 一生無理です!

最近は、野鳥撮影がトビモノ中心になってしまい、三脚も使いません。
ですから綺麗なトマリモノなんて・・全く撮っていません。
撮れなくなってしまったというのが正解かもしれませんネ。

しかしケンコーED500mmの試写で、川にセッカを撮りに行ってから、
遅まきながら、この地味な野鳥に魅了されてしまいました。
最初は、全く期待していなかったのに、撮っているうちに楽しくなり、
これ、真面目に撮りたいと思いました。
そして、なんでBORGを持参しなかったのだろう・・と悔やみました。
なので、先週末は小雨の中、BORGとビクセンを持って川に直行です。
川に着くと大好きなコアジサシが周りを飛び回っていましたが、我慢!我慢! 
トビモノ撮影はスルーして、セッカのポインに!
しかし、撮ろうと思ったら・・なかなか出てこないのが野鳥の世界。
あまりにセッカの出が悪く、河原は、もう暑くて暑くて・・ギブアップ(涙)
結局、近くにいたヒバリを撮ってトボトボと帰りました。
20100626k70009_R.jpg

20100626k70005_R.jpg

今の時期の河原は、お花がとっても綺麗ですネ
20100626k70002_R.jpg

当日はごちゃごちゃ花鳥図しか撮れませんでした。これではセッカに申し訳ないです。
20100626k70011_R.jpg

どうしても綺麗な花鳥図をモノにしたいと思い、翌日も懲りずにセッカ詣でに♪ 
ビクセンFL55Sで撮ったセッカは次回UPします。

■撮影 BORG77EDⅡ+K7 手持ち トリミング シャープネス

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:野鳥の写真

Comments(0) | Trackback(0) | BORG 77EDⅡ

セッカ « home » 直焦点 AF-BORG

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://khanasuke.blog1.fc2.com/tb.php/378-7738e7a2

プロフィール

花助

  • Author:花助
  • 上から読んでも、下から読んでも
    「とほ・ほ・・ほと」です。

    ・世田谷在住の親爺で~す。
    ・趣味はカヤック、風景や野鳥撮影
    ・好きな所 信州
    ・撮影機材 オリンパス
           キャノンとペンタックス

    ・天体望遠鏡と骨董レンズによる野鳥撮影に凝っています。

とほ・ほ・・ほと観覧者へメッセージ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。