スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

直焦点 AF-BORG2010-06-27(Sun)

ブログの更新が、出来なくて申し訳ありません。
実は、またBORGのAF化に再びチャレンジしており、目下試作の最中でなんです。
その経過と顛末を、少しだけご報告します。

■AF-BORG
もう今から2年前になるのでしょうか・・・
このブログで取り上げたAF-BORGの古い記事に、驚いたことに最近でも結構な
アクセスがあることに気付きました。
これは私のブログに限ったことでは無いと思いますが、AF-BORGを取り上げた記事は
ブログ仲間からも閲覧の頻度が高いと聞いています。
昔、私が試したのはペンタックスのAFアダプターを利用したAF-BORGで、
AF化に伴う画質劣化も少なくて簡単に出来るので、今でも結構人気があるようです。
現に多くの方が、この方法ですばらしい写真を撮っていますので、AF化の実績では
定番メニューとして、今でもペンタックスユーザーには安心してお勧めできます。

しかし、この2年間で、AF-BORGの手法も大きく進歩しました。
熱心なBORGユーザーのお陰で、SecnatさんのアクロマートAFを筆頭に
AF-BORGも大きく様変わりしました。
制約の多い簡易版の半AFから、フルレンジのAF-BORGの時代に♪。
私も参戦したいと思いながら・・・
改造初心者にとっては、アクロマートAFはいろいろと大変そうに見えます。
知識と工具及と資金及び時間が無いので、なかなか踏み切れません。

しかし、そんな私に、新しいAF-BORGの情報が入りました。  
直焦点のAF-BORGです。
数千円の中古AFレンズを全玉抜きするだけの作業でOKらしい・・。
しかもその作業も実に簡単で、レデューサやAFレンズを一切使用せずに、対物レンズだけで
AF化が出来ると聞いて、ほんとに驚きました。実際はどうなんだろうか・・・。
AF化にともなう画質劣化が全く生じないなんて、私にとっては、夢のような話しです。
これは試す価値があると思いました。

そこでウワサの元を辿っていったら、なんと飛梅さんのブログへ♪
飛梅さん、ご無沙汰しておりました。いつの間にかBORG沼にどっぷりと浸かって・・・(笑)
大変貴重な情報を、ありがとうございま~す。
私も早速に指定のAFレンズを入手して、直焦点AF-BORGを確かめました。

■直焦点AF-BORGとは?
一般のカメラレンズを使用したAF-BORGは、常に話題になっていましたが
そのほとんどが、カメラレンズの前玉だけを抜くなどの手法で、全てのレンズを抜く方法では
ありませんでした。最近のアクロマートAFも全玉抜きに突入しましたが、対物レンズの他に
AFレンズだけは必要になります。内容は理解不足で???なので、コメントできません。
飛梅さんがブログで紹介してくれた方法は、AFカメラレンズからレンズを全て抜いてしまい
空となったカメラレンズの鏡筒に、望遠鏡の対物レンズを装着する方法です。
たったこれだけですが、これだけでAF-BORGが完成なんです。
AFカメラレンズの全部のレンズを抜いても、ちゃんとレンズのAF機能が働くなんて・・・
こんな状態でカメラがエラーと認識せずに露出及びAFが正常に働くとは・・・、
当初は信じられませんでした。

このAFシステムは全レンズの枚数が、対物レンズ2枚だけですから、
肝心な画質は素のレンズそのまま・・・
超解像力を持った最強のAF-BORGだと言えます。正にsimple is best!
・・・と大変に期待しました。
製作方法やこのシステムの詳細は、飛梅さんのブログをご覧になってくださ~い。
私はトビモノを撮りますので・・・
基本的には飛梅さんと同じですが、BORG77EDⅡの対物レンズやドロチューブを
使用したいと思い、後でかなり変更を加えました。
どうやら、これが良くなかったかもしれません。

■操作性と感想
使用したAFカメラレンズは、製造中止のかなり古いレンズです。
AFによる合焦時に、カメラレンズの前玉が回転&鏡筒が伸縮します。
このまま全玉抜きカメラレンズレンズの鏡筒とBORGの対物レンズを繋いでしまうと、
前玉部分が回転し、BORGの対物レンズも回転してしまいます。
飛梅さんはカメラレンズのモーターの負荷を軽減し、持ちやすくするために
ミニミニドローチューブ[7205]を使用しました。これは、とても名案ですネ
PLフィルターの玉抜きをして、この部分を代用させようと思いましたが
重たいので耐久性を考えて、私もミニミニドローチューブを使用しました。
しかし、私の使用する77EDⅡの対物レンズでは、ミニミニドローチューブと
カメラレンズとの繋ぎ目がグラグラしますので、このままトビモノで鏡筒を振り回すには、
とても頼りなくて役不足な感じです。
そこで、この部分をミニボーグの鏡筒&ドロチューブを使用することにしました。
結局、実際に使用しながら、試行錯誤の繰り返し、この部分は二転三転・・・
最終的には80φL135鏡筒【7136】と専用ドロチューブ【7137】に繋げることで
落ちつきました。
また操作性を考えて、システムはすべて80φ鏡筒に統一しました。
これが、AFの操作を鈍くした原因のようです。

被写体に対して、おおまかにドロチューブで手動による合焦操作をした後に、
AF操作をすると・・過分な負荷があるためかレンズがギィーギィーと唸ります。
折角手早くドロチューブでピント操作をしても、肝心なAF操作がギィーギィーで
少し拍子抜けしてしまいます。
一応チャントAFで合焦はしますが、必ずワンテンポ遅れてしまうのです。
そのままMFだけで操作した方が、早いような気が・・・(涙)。
これでは残念ながら大好きなコアジサシの飛翔シーンには、使用できません。
私の下手なトビモノ撮影のレベルにおいても、小さくて早い野鳥の飛翔シーンでは
キャノンのEF400㎜のAFは対応できないことが多いです。
ましては、この古いAFレンズの性能を考えると、仕方のない話しかもしれませんが
やはり解像力の劣化がないので、ついつい期待してしまうのです。
試しておりませんが・・・・、
軽量の対物レンズだと、AFのスピード感などは全く違うのかもしれません。

結論として
私の対物レンズ77EDⅡシステムでは、操作性においてペンタのAFアダプターを
凌ぐことはありませんでした。
画質は、素のレンズ、そのままですから・・・。こちらですネ
トビモノ撮影用として使用するAFシステムとては、まだまだ工夫が必要だと
思います。
このレンズ自体のAF性能が分からないので、今回はここで終了しますが
飛梅さんが試されたシステムとは、かなり異なってしまいましたので・・
まだまだ未練はあります。
もしかしたら私の使用したレンズがジャンクレンズでしたので、レンズ自体が万全の状態では
無かったかもしれませんので、今回のこの感想は、あくまでも私の試作機に限定して・・・
お読み下さい。

■今回の収穫
いろいろとやっているうちに、
以前熱中したチューブヘリコイドに対する情熱がに戻って来ました。
このカメラレンズ、今回AFでは設定不足のためにイマイチな感じでしたが・・、
なんとチューブヘリコイドで使えます。これは私にとっては、AF以上の収穫でした。

BORGの80φ鏡筒とドロチューブにこの玉抜きレンズを繋げて、
カメラ側をAF-CからMFにします。
これだけで、ピント操作はBORGの80φ鏡筒をもったままで、簡単に行えるようになります。
ドロチューブで大まかなピントを合わせ、ピントの微調整は持った鏡筒をそのまま回すだけで
済みます。使用したカメラレンズが汎用品なので、操作性がユルユルでチープ感が残りますが・・・
ちゃんと露出も認識してくれますので、週末はもうAFの検証どころではなく、この玉抜きレンズを
使用してMFによる試写に頑張りました。チューブヘリコイドは諦めておりませんので・・・
カメラレンズ並みのピント操作性をBORGの鏡筒で達成するために、今度はAFレンズを物色
したいと思います。

試写の結果です。
お馴染みのカワウを載せても、皆さんはそのままスルーしてしまいますネ
でも今回は騙されたと思って、画像をクリックして下さい。再クリックで元に戻る。
自らドアップは食傷気味と言いながら・・・
写真が乏しくなると、いつもお決まりのドアップです。
優柔不断で、ごめんなさい。
20100626eos7d0005_R.jpg

20100626eos7d0001_R.jpg

20100626eos7d0019_R.jpg

20100626eos7d0018_R.jpg

20100626eos7d0030_R.jpg

20100626eos7d0028_R.jpg

■対物レンズFL55S(フローライト)+BORG筒+全玉抜きトキナーレンズ+K7 
手持ちマニュアル JPEG撮ってだし トリミング シャープネス有り

■次回は、背景ボケを狙ったひばりとセッカの予定です。

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:野鳥の写真

Comments(4) | Trackback(0) | ビクセン FL55S

ひばり « home » ケンコーEDレンズ ED500mm F8 DX

Comment

チューブヘリコイド

フローライトの写り 素晴らしいですね^^
BORGに限らず素の直焦点がやはり究極ですね。とにかく当たり前ですが余分なレンズが入らないのですから・・・・
私は昨年のCASIOの直焦点が最高の武器です。
ただ直焦点が最高といえども、古い機種はその性能以上は望めませんので?ですね^^ 止まり物等はともかく
野鳥のトビモノで花助さんの今の撮影技術を満足させてくれるものはきっぱり無理だと思いますよ。
それよりチューブヘリコイドが私はどうしても欲しいですね。
あの操作感覚が忘れられません。
あれが完成したら、花助さんも十分分かってると思いますが
AF-BORGは考える必要なくなると思いますよ(^^)

2010-06-28 02:22 | URL | あきGG [ 編集]

あきGGさん ご無沙汰して申し訳ありません。
やはり画質は、シンプルが一番ですネ
あきGGさんは、BORGのドロチューブを完全に使いこなしているので、
あきGGさんを満足させるチュ-ブヘリコイドは、なかなか見つかりそうに
ありませんヨ~。
最近、一般のカメラレンズをMFで撮影してみて感じたことは・・・、
私みたいな不精者にはチュ-ブヘリコイドの方が、一番操作が早そうです。
これから暇を見つけては、ジャンクのEOSレンズの玉抜きに挑戦し、
またチュ-ブヘリコイドの完成を目指して頑張りたいと思います。
上質なチュ-ブヘリコイドが完成したら送りますので、また検証をお願いしま~す。

2010-06-28 18:58 | URL | 花助 [ 編集]

こんばんは

 いつの間にか記事を書いていただき、しかもリンクまで貼っていただいていてありがとうございます。その後入梅してからはiPhoneネタに嵌ってしまいBORGから少し離れていました。
 今回のトキナーレンズを使ったAF化、僕が思いついたことではなくて、BORGトピックに先人の方が試された際の写真が掲載されているのを見てまねただけなのですが、ネットで探してもこのレンズの改造方法についての情報がなくて、試行錯誤についでに記事にしたまでなんです。AFレンズ不要なので「直焦点AF」ですか。すごい名前をつけていただきましたが、やったことはネジ式のレンズを3つ外しただけ。しかもAFアダプタ買うより格安です(笑)私の場合45EDIIでもAFが迷ってどうしようもないときもありますが概ね好調です。ただ相手が飛行機と野鳥では大違いですね。この辺は私は野鳥を撮らないのでご容赦を。期待を煽る記事を書いてしまい77EDIIではそのご期待に添えずスミマセン。
 なお「チューブヘリコイド」として使えたという別の評価をいただいたようで嬉しいです。写真もすごく解像していて素晴らしいです。
 僕はチューブヘリコイドが何たるかを知りませんが、使う際に左手は対物に近いところを持っていて、微調整でトキナレンズの鏡筒部を前後に伸縮させて使います。それに合わせてズームリングが廻るといった感じです。この独特の操作方法でピントの追い込みが早くなり気に入っているのですが「チューブヘリコイド」も狙いはいかにピントを早く追い込めるかといったところにあるのでしょうか。
これからもいろいろとご指導くださいネ。

2010-07-02 19:49 | URL | 飛梅 [ 編集]

飛梅さん こんばんは~
飛梅さんのブログを参考に、私もAFを試してみました。
とても助かりました。感謝します。
どうやら私の対物レンズは重すぎたようです。
AFの動作が鈍くなって、もっと改良が必要なようです。
まだ諦めていませんので、トキナーのあのレンズを
もう一本追加して、いろいろと実験したいと思います。
「チューブヘリコイド」とは、天体望遠鏡のピント操作を
簡単にするための装置で、まだ試行錯誤の最中なんです。
飛梅さんが行っているズーム機能をピント操作に利用する方法は、
あのレンズの使い安さの一つですネ
今後、私もいろいろと試していきたいと思います。
また、斬新なアイディアがありましたら、よろしくお願いします。 

2010-07-02 23:43 | URL | 花助 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://khanasuke.blog1.fc2.com/tb.php/377-c15a6da3

プロフィール

花助

  • Author:花助
  • 上から読んでも、下から読んでも
    「とほ・ほ・・ほと」です。

    ・世田谷在住の親爺で~す。
    ・趣味はカヤック、風景や野鳥撮影
    ・好きな所 信州
    ・撮影機材 オリンパス
           キャノンとペンタックス

    ・天体望遠鏡と骨董レンズによる野鳥撮影に凝っています。

とほ・ほ・・ほと観覧者へメッセージ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。