スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

ケンコーEDレンズ ED500mm F8 DX2010-06-19(Sat)

■ケンコーEDレンズED500mm F8 DX
今日、ケンコーEDレンズED500mm F8 DXの試し撮りをしてきました。
「なんでBORGを持っているのに、今更ケンコーEDレンズED500mmを買ったの?」
「コーワの新レンズが買えないから、遂に頭がおかしくなったのでは?」
いえいえ、前から頭はおかしいので、ご心配なく(笑)

以前、天体望遠鏡の操作性をカメラレンズに近づけるためにチューブヘリコイドと称して
一般のカメラレンズの玉抜きを行い、5~6本のジャンクレンズを犠牲にしました。
そしてBORGの鏡筒に、玉抜きしたカメラレンズの鏡筒を繋げいろいろとやってみましたが、
ニコンマウントのカメラレンズ(直進ズームレンズ)では周辺減光が発生してしまい、
直ぐにやる気が失せてしまいました。(目下作業休止中ですが、まだ諦めていません)

次に考えたのが、既にカメラレンズのようなヘリコイドを鏡筒に完備している他の
望遠鏡を購入して、対物レンズの換装をしてしまおう・・・と全くの素人考えです。
候補になったの望遠鏡が、ナシカ望遠鏡ケンコーEDレンズED500mm F8 DXで、
場合によっては、全玉を抜いてしまおうと思って、ヤフオクで中古の出物を探しました。
幸い、3月末にケンコーEDレンズED500mm F8 DXを格安で入手することができましたが、
入手したものが、あまりに新品同様だったので、これを玉抜きする勇気が無かったことと
どんな写りか一応確かめてから、改造しようと思いつつ・・・
私の仕事が繁忙期に突入し、忙しくなって、今まで全く手つかずのままでした。
今日、天気が良くなさそうだったので、やっと試し撮りに♪
これが初めての使用になります。
20100619eos7d0009_R.jpg

焦点距離500㎜の超望遠なのに600gしかありませんので、この軽さは確かに魅力ですネ  
移動の負担感が、全くありませんので、山用に良いかも・・・
そもそも改造目的で取得しましたので、写りは最初から全く期待しておりませんでした。
今日実際に使ってみて、これが意外や意外、思ったより使えることが分かりました。
もちろん私のメインレンズにはなり得ませんが、玉抜きをしてオシャカにするには、
勿体ないレンズです。
コンパクト&軽さ&解像度を考えると、良い買い物だったと思いますが
マニュアル撮影に慣れていない方には、きっと良さが分からないかもしれません。
20100619eos7d0025_R.jpg

20100619eos7d0026_R.jpg

レンズフードが付いてなかったので、次回はレンズフードを購入装着して
フレアーやゴースト対策をしっかりとしたいです。
若干コントラストが低い感じです。もう少し画の締まりがあれば良いのですが、
値段を考えると・・・これは少し驚きですネ。
20100619eos7d0058_R.jpg

軽い鏡筒に焦点距離500㎜、あまりに軽すぎてブレ続出でしたが、それでも結構使える画が
撮れましたので、汎用ズームレンズにテレコンを付けた500㎜の画像に満足出来ない方には
良いかもしれませんネ。  
20100619eos7d0061_R.jpg
やはりBORGに比べると、レンズ構成6枚なので解像感はイマイチな感じです。
ケンコーさん、真面目な製品なのに、私の紹介の仕方が酷くて、ごめんなさい。
カメラレンズとの比較ではなくて、天体望遠鏡との比較なので・・・
評価は、どうしても辛口のコメントになってしまいます。
結局ケンコーEDレンズED500mmは、玉を抜かないとヘリコイドの操作性を確かめるためだけに
購入したことになりますが、しばらくはこのままの状態で使用してみます。

手持ちでトビモノを撮影するようになって、
天体望遠鏡にもカメラレンズ並みのピント操作の出来るヘリコイドが付いて欲しいと、
願っています。
そして、その願望は、私だけではないと思います。
BORGにコーワの新500㎜レンズようなヘリコイド付の専用鏡筒があれば、一番ですネ。
せめてBORGからカメラレンズ並みに操作しやすい微動でないヘリコイドが発売されれば
良いのですが・・・これは直ぐには厳しいでしょう。
今後も試行錯誤とともに、散財も続く・・・とほほですネ

■撮影 ケンコーEDレンズED500mm F8 DX+EOS7D 手持ち 
BORGの場合と同様にEOS機の露出が暴れます。大幅に露出補正、シャープネスあり。

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:野鳥の写真

Comments(2) | Trackback(0) | その他の望遠鏡 

直焦点 AF-BORG « home » 久々のコアジサシ②  

Comment

直進ズーム

チューブ・ヘリコイドの記事を拝見し、tokina 60~210の玉抜きし同じように製作してみました。使い勝手がよいので今回はtokina SZ-X 60~300を玉抜きしました、前回は絞りは最初から外したのですが、今回は現時点では外さずに絞りが使える事に若干期待しています。
記事の内容ではケラレが発生するとの事ですが、もう少し詳細な内容を知りたいのですが?

2010-10-09 21:55 | URL | 須貝 [ 編集]

須貝さん こんばんは~
BORGの操作性をカメラレンズ並みにと思って
マニュアルレンズの玉抜きをするようになりましたが、
ドロチューブとマニュアルレンズとの連動がしっくり
来ないので、未だに満足するものが出来ていません。
今でもトビモノ撮影は、シンプルなドロチューブだけ
の方がやはり慣れているので、私にはベストの状態です。
どうしてもドロチューブと併用するために、最後のピント
の微調整に、操作上の違和感が発生してしまいます。
なかなか言葉では表現出来ないのですが・・・・
とにかく、しっくり来ないのです。
当初、玉抜きしたのが旧ニコンマウントのカメラレンズでした。
あのニコン独特のツメのある非AI系のレンズです。
玉抜きした鏡筒に電子マウントAD+EOSカメラでは
イメージサークルの影響によりズーム操作をすると
周辺減光が発生します。
カメラレンズの鏡筒内径をヤスリで削って広げれば
良いのですが、加工により発生する金属粉によって
ヘリコイドに支障が出る可能性があるので、ニコンの
マウントは直ぐに断念しました。
ケラレ(周辺減光)というのは、主として旧ニコンレンズの
ことですが、他のカメラマウントでも発生する場合があり
これは実際にやってみるまで分かりません。
マニュアルのtokina直進レンズは玉抜きが簡単なので
私もお気に入りでしたが、ドロチューブ併用ならば
直進ズームでなくても良かったかもしれません。
もしご興味があれば玉抜きしたtokina70~210のニコンと
ペンタマウントの絞り温存のレンズを差し上げましょうか。
また簡単アクロマートAF用の玉抜きペンタ用のtokinaAF100-300㎜
も差し上げます。
もし必要ならば下記のメールアドレスにご連絡ください。
hanasukek@yahoo.co.jp


2010-10-10 23:10 | URL | 花助 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://khanasuke.blog1.fc2.com/tb.php/376-94fb5572

プロフィール

花助

  • Author:花助
  • 上から読んでも、下から読んでも
    「とほ・ほ・・ほと」です。

    ・世田谷在住の親爺で~す。
    ・趣味はカヤック、風景や野鳥撮影
    ・好きな所 信州
    ・撮影機材 オリンパス
           キャノンとペンタックス

    ・天体望遠鏡と骨董レンズによる野鳥撮影に凝っています。

とほ・ほ・・ほと観覧者へメッセージ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。