スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

kowa PROMINAR テレフォトレンズ 500mm F5.62010-05-30(Sun)

仕事の関係で、ブログの更新が出来ませんでした。
昨日、やっと仕事から解放されましたので、久しぶりの休日です。
お待たせして、申し訳ありませんでした。
しかし本日は天気がイマイチなので、野鳥撮影は諦めて
以前から気になっていたコーワさんの話題の試作機を見に
東京バードフェスティバルの会場に行ってきました。

■東京バードフェスティバル2010
main_image[1]

実は昨年も、WOのスタークラウドさんSecnatさんの応援のためにバードフェスティバルの
会場に行きました。
一年前は、ニコンの新フィールドスコープのEDGが発売前で、とても話題性があって、
ニコンブースは、かなりの人を集めていました。
担当者に、直焦点の利点を説明してプリズムを外して売って下さいとお願いしましたが・・・
あの時は、ニコンの技術者に当方の趣旨を理解して貰えませんでした。
BORGを例に出して説明したのですが、BORGの存在すら??の様子で、
当時未公表のデジタル一眼レフカメラアタッチメントを見せられ、一眼レフユーザーにも
充分に対応出ると説明を受けて終わりです。終始話しが噛み合わず・・・とほほ・・

あれから一年後に、カメラレンズ並みの操作性を持ったコーワの試作機に
触れる日が来るとは・・・、BORGの影響力は凄いです。
そのBORGの中川さんが、「遂にライバルが現れた」と言ったコーワの新機種を、
頼まれもしないのに勝手に調べてきました。
これまで詳細不明だった部分を、スペックを含めて可能な限り聞きましたが、
プロトタイプ(試作機)なので、現時点では参考程度にお願いします
201005300002_R.jpg

■PROMINAR テレフォトレンズ 500mm F5.6
これまでの情報は、CAPAカメラネットを見て下さ~い。
対物レンズを含めて、既存のフィールドスコープからの部品流用は一切なし
全て新設計・新開発の製品。
正にフィールドスコープの延長線上の製品ではなく、完全にカメラレンズとしての意欲作。

正確ではありませんがスペック及び概要は、次の通りです。
筆者の推測・予想が入っていますので、参考程度にお読み下さい。


500㎜ F5.6 (注1)
対物レンズ口径90㎜弱
重量は不明、ただし2㎏以内(軽量化中)
全長は不明 フードを外すとカメラマウントを含めて32~35㎝以内(注2)
レンズ構成は不明 フローライトクリスタルを含む7枚前後?
防滴防塵仕様・・防水ではない
ピントリング2連のインナーフォーカス方式
レンズフード 脱着式(注3)
カメラマウント 後述(注4)
絞り F5.6~F11
発売時期は不明 年内中の発売は確定、時期は秋か?
価格は不明 本体価格20万円~30万円(注5)
来年以降 フローライト以外の廉価版の販売の可能性・・有り
純正テレコン・レデューサの同時発売・・・有り
天体望遠鏡としての接眼部のパーツは、今のところは無いようです。完全に野鳥撮影用・・



注1 500㎜ F5.6
標準で絞りが付いていますので、絞りはF5.6~F11となります。
何故556なのか? 
もちろんニーズがあるからで、ゴーヨンは重たいという理由で、キャノンでは未だに
生産中止のゴーヨンゴが中古で人気が高く、軽いゴーゴロクの要望は結構あります。
ニコン&キャノンが単焦点レンズとして発売していない隙間の500㎜F5.6で勝負!

注2 全長 フードを外した状態。
201005300028_R.jpg
コーワの担当者さんの手で、このレンズの大きさを判断して下さい。
フードを外すと、ヘリコイド部の鏡筒が25㎝位で、カメラマウント(長い筒)が7㎝位で
概算で合計32㎝位???
このレンズは、フード・ヘリコイド鏡筒部・カメラマウントに3分割出来ます。
それぞれが大変コンパクトですので、BORG同様に持ち運びに大変便利ですネ
天体望遠鏡としてのニーズもあると思いますが・・・。

注3 レンズフード 収納は逆向きに・・・
201005300040_R.jpg

注4 ヘリコイド・カメラマウント
201005300012_R2.jpg
カメラマウントは、BORGの2インチ延長等Lのように長いです。
BORG風の感覚では延長等付のカメラマウントですネ
また同じ形状でレデューサー付のカメラマウントも開発済みで同時発売の予定。
もし×0.8ならば、400㎜ F4.5も可能です。

注5 価格
天体望遠鏡のタカハシSKY90が、対物の硝材がフローライト&500㎜F5.6なので
SKY90の値段以上になると予想しました。20万円を切って販売しないとインパクトが
ないと思いましたので、「販売価格198000円では無理ですか?」と聞いてみました。
コーワの担当者さん「・・・・」。やはり、10万円台は無理なようです(涙)

操作性の感想
実際に操作してみて、これは、完全に一般のカメラレンズです。
2連のピントリングもとてもスムーズで、操作性はとても良いモノでした。
手持ちトビモノ撮影201005300045_R.jpg
鏡筒に付いているLマウントも直ぐに外すこと出来るので、手持ち撮影も簡単です。
コーワの担当者さんにお願いして、手持ち撮影のポーズを採って貰いました。

■最後に感想
コーワさんの本気度を、ひしひしと感じました。
詳細な感想は明日以降に書き込みます。
しばらく、お待ち下さい。

■感謝♪
コーワの担当者さん、親切な対応及び取材協力ありがとうございました。
取材時にブログに載せて良いと了解を得ましたので、UPしましたが
今現在、何処にも記載されていないレア情報ばかりなので・・・
ホントに紹介して良かったかどうか不安になります。
もし不都合な点がありましたら、ブログのコメントに、
「管理人のみに送る」にチェックを入れて、ご連絡下さい。

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:写真日記

Comments(4) | Trackback(0) | その他

野鳥撮影 信州編 « home » しばらくお休みします。

Comment

花助さん おはようございます。

最高の取材^^ ご苦労様です。

ところで 注3 のところの画像ですが、前面のレンズ
(フローライト?)がむき出しの設計ですか?
専用の保護ガラスついてませんでした?
まさかフィルターをつけなければならない?

もしご覧になって居りましたら教えてください。

2010-05-31 09:32 | URL | あきGG [ 編集]

あきGGさん こんばんは~
なかなかブログの更新が出来なくて、ごめんなさい。
このコーワの試作機、外見上は大変魅力のあるレンズに
仕上がっていましたので、これからが楽しみですネ
今のタカハシのフローライト鏡は、対物の前玉はガラス使用
が一般的なので、これも前玉はフローライトでは無いと思いますが、
まったく確認しておりません。
また、専用の保護ガラスの有無は、写真ではないように見えますが
これも自信がありません。
前玉周辺を撮った写真がありますので、後でメールします。
事前の準備不足のためにツメが甘くて、聞きたいことの半分も取材できませんでしたが、
とても良い経験になりました。
これ、欲しいけど・・私には高根の花ですネ

2010-05-31 19:44 | URL | 花助 [ 編集]

待ちました~よ~

花助さんブログ再開されたんですね~待ってましたよ~コーワスコープ間違いなく買いますよ~(笑)楽しみですがVA3他が流用出来ないのが残念ですねまたお邪魔します~m(__)m

2010-06-02 17:40 | URL | ☆王子☆ [ 編集]

☆王子☆さん こんばんは~
コーワユーザーの ☆王子☆さんは、やはりこのレンズに興味がありますか?
もう購入予定とは、気が早いですヨ~
このレンズはスコープというより、カメラレンズだと思った方が良いですネ
いじれる部分が少ないですが、それでもレデューサーを装着
出来るなど、面白いレンズだと思いました。
このレンズのフードは、884に装着できる可能性がありますヨ~
コーワファンにとっては、発売が楽しみですネ
私には簡単に買える値段でないので、BORGの新製品に
期待したいと思いま~す。
 

2010-06-02 23:21 | URL | 花助 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://khanasuke.blog1.fc2.com/tb.php/369-011caa79

プロフィール

花助

  • Author:花助
  • 上から読んでも、下から読んでも
    「とほ・ほ・・ほと」です。

    ・世田谷在住の親爺で~す。
    ・趣味はカヤック、風景や野鳥撮影
    ・好きな所 信州
    ・撮影機材 オリンパス
           キャノンとペンタックス

    ・天体望遠鏡と骨董レンズによる野鳥撮影に凝っています。

とほ・ほ・・ほと観覧者へメッセージ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。