スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

コアジサシ 在庫より 2010-05-12(Wed)

■再びコアジサシ
5月の連休中にコアジサシを撮りすぎて、未だに未整理のままです。
皆さんも、同じような写真が続いて、そろそろ飽きてきたのでは??
今週末はコアジサシの撮影に行けないかもしれないので、
少し在庫処分をしておこうと思います。

飛翔
20100504-5eos7d400m0004_R.jpg

20100504-5eos7d400m0005_R.jpg

ダイブいろいろ
20100504-5eos7d400m0006_R.jpg

20100504-5eos7d400m0010_R.jpg

20100504-5eos7d400m0011_R.jpg

20100504-5eos7d400m0012_R.jpg

20100504-5eos7d400m0013_R.jpg

20100504-5eos7d400m0001_R.jpg

20100504-5eos7d400m0015_R.jpg

20100504-5eos7d400m0018_R.jpg

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:野鳥の写真

Comments(5) | Trackback(0) | ツバメ&コアジサシの飛翔 2010

カラスのモビング « home » ノビタキ

Comment

コアジサシでしょうか

花助さま おひさしぶりです

ぐっちです

最近私のいつものカワセミポイントからカワセミがいなくなったのでさびしくしていましたが、昨日このエリアでは見かけない鳥を見かけました。ただ、このブログでよく見ていた(ような気がする)鳥と同じ(ような気がします)。

私、まだ鳥の特徴や名前は全く詳しくないので助けていただきたいのですが、私のブログに上げた写真の鳥はコアジサシでしょうか?(強引な誘導ですみません)
私が見たのは2羽が絡み合ったり離れたりして舞っていました。
私なりに調べたところ、集団で営巣地を形成するとのことですが、昨日見たのは2羽のみです。見た目はコアジサシのような気がするのですが、決め手となる特徴がよくわからないのと、大田区に絶滅危惧種がごく普通に飛んでいていいのか、と思うと、なかなか断定できないです。

池の真ん中で飛んでいたので、なかなかアップは撮れませんでしたが、助言頂けますでしょうか?

2010-05-17 14:22 | URL | ぐっち [ 編集]

コアジサシだそうです

花助さま、 重ねてのコメント失礼します

本日、夕方にポイントに行ったところ、野鳥撮影の先輩である高校生に色々教えてもらいました。やはりコアジサシなんだそうです。多摩川から飛来するらしく、夕方の30分から1時間、餌を取り、カップルの相手に渡してあげる、という行動を繰り返して去って行くんだそうです。

今日は昨日より少しピントの合った絵が取れたような気がします。
ほぼ毎日きているようなので、続けて撮っていけばコツがつかめるかも、です。

このエリア、花助さまも来られたことのあるところですが、色々な鳥がいるそうで、カワセミだけをターゲットにしなくても、これからが楽しめるみたいです。

2010-05-17 20:13 | URL | ぐっち [ 編集]

ぐっちさん こんばんは~
ぐっちさんもコアジサシを撮られたのですか!!
それも水上での求愛給餌のシーンを♪
コアジサシはカワセミと同じようにホバやダイブもしますので
被写体としては、とても面白いと思います。
このコアジサシは海に近い所では多く見かけますが、
川の上流に行くほど数が減ってきます。
奥地の大きな湖にも飛来しますが、ほんとに数は少ないです。
コアジサシが、カラスや猛禽などの外敵に対抗するためには
集団で行動しないといけないのですが
年々営巣のためのコロニーは縮小しており、これらが益々
個体数の減少を招いています。まさに絶滅危惧種ですネ

飛翔スピードが早いので、撮るのは簡単ではないですが
カワセミよりも大きいので、撮影の練習には良いですヨ~
いっぱい撮って下さいネ~

2010-05-17 23:32 | URL | 花助 [ 編集]

花助さま

レスありがとうございます
求愛給餌っていうんですね。
初めて聞く言葉です。確かに、私の撮った一連の写真で見る限りですが、良く見れば、咥えたt小魚を相手に渡そうとしていますが、失敗しているみたいですので、求愛中でまだカップル未成立、ということなのでしょうか?
わざわざ二人で離れたところまで来たのにつれなくするなんてひどいメスだ、と思うのは、私の人生経験からくる偏見でしょうか? コアジサシ君たちには仲良くやってもらいたいものです…


それはそれとして、FL-70Sと純正レデューサーの使い勝手は結構優れていると思います。私はFL102S用のレデューサーを使用していますが、これはF9(900mm)をF5.6(560mm)に短縮するもので、FL-70Sの場合F8(560mm)ですので適用後は約F5(350mm)になります(と思っています)。こうなるとAFアダプターが使えますので、ボーグパーツ無しで天体望遠鏡のAF化が実現できます。
ある程度の距離にドローチューブでフォーカスを合わせておくと、コアジサシが舞っている(回っている)範囲ではAFアダプターがピントを合わせてくれます。行動パターンを把握して先読みしたドローチューブの操作をすれば、歩留まりが相当上がるのではないか、と思いました。

このレデューサー、発売時にはイメージサークルが狭い(30mm程度?)と言われていたらしいのですが(オークション出品者の情報)、デジタル一眼ですと、鳥撮影にはあまり問題を感じません。天体撮影の時にどうなるかはいづれ確認しましが、それはここではあまり関係有りませんからね。

旧FLシリーズは接眼部が弱いとか色々言われているみたいですので、参考になる人ほとんどいないかもしれませんが、とりあえず、ご報告まで。

2010-05-19 11:45 | URL | ぐっち [ 編集]

ぐっちさん レスが遅れて申し訳ありませんでした。
ビクセンのFL-70S、FL102S用のレデューサーの使用で
使い勝手が向上して良かったですネ
そしてAFアダプターによるAF化は、操作性の良くない
天体望遠鏡でも野鳥撮影をより身近なものにしてくれます。
これからますます撮影枚数が増えそうですネ
生産中止の古いフローライト鏡、これからも工夫して・・
名器の実力を星や野鳥撮影で堪能できれば、最高だと思います。
買って良かったですネ~♪

2010-05-31 18:59 | URL | 花助 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://khanasuke.blog1.fc2.com/tb.php/366-84bc45a8

プロフィール

花助

  • Author:花助
  • 上から読んでも、下から読んでも
    「とほ・ほ・・ほと」です。

    ・世田谷在住の親爺で~す。
    ・趣味はカヤック、風景や野鳥撮影
    ・好きな所 信州
    ・撮影機材 オリンパス
           キャノンとペンタックス

    ・天体望遠鏡と骨董レンズによる野鳥撮影に凝っています。

とほ・ほ・・ほと観覧者へメッセージ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。