スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

ツバメ撮影用のレンズ2010-04-23(Fri)

■BORGの新製品等 
新対物レンズの発表やパーツ類の価格改定の発表があったのに、以前と違って
皆さんの反応が大変静かなのがとても気になりますネ
過激な発言が飛び出すと思っていましたが、大人というか冷静な対応で
あの熱い方々は、何処に???  
きっと皆さんの興味は、まだ内容の不明なもう一つの新対物レンズの方なんですネ
航空写真家のチャーリィ古庄さんが「デジタルカメラマガジン」で語った内容に
新対物レンズの焦点距離のヒントが??
興味のある方は、お読みになって下さい。

この新対物レンズ、今は理由を書けませんが・・・
まだ詳細未発表の段階で、かなり欲しいです(笑)。

■ツバメ撮影用のレンズ 
昨年は、BORGでツバメに挑戦して、両眼視と合焦操作で直ぐにキブアップ。
今年は、軟弱にもAFレンズのΣ50-500㎜を使ってツバメを撮り始めましたが、
他力本願の私は、すべてをカメラとAFレンズに頼ってしまいました。
20100418eos7d0105_R.jpg

20100418eos7d0106_R.jpg

これでは、いつまで経っても上手くならないので、マニュアル撮影に戻ろうと思いますが
BORGのドロチューブによるピント操作だと、また昨年と同じ結果になりそうなので・・・・
飛翔スピードの早いツバメだけは、焦点距離400㎜くらいのカメラレンズを利用して
MFの練習をすることにしました。
Σ50-500㎜は、ピントリングがマウント側にあるためにテレ端の500㎜にすると
バランスが悪くて、手持ちによるマニュアル撮影には不向きです。
今週末に、友人所有の Canon EF400mm/ F5.6 L USM を借りてきて、私の腕でも400㎜の
単焦点レンズが使いこなせるか一度確かめてみようと思います。
それにしてもツバメの飛翔撮影は一部の方には大変人気があるようで、ネットで調べるてみると
ツバメの撮影には、300㎜~500㎜の明るい単焦点レンズを使用している方が多いようです。
中には100㎜のマクロレンズを使用している方も・・・撮影スタイルに応じて、いろいろですネ
そして上手な方は、やはりAFではなくMFです。
ツバメの速さに対応するにはMFしかないのでしょうか!
今シーズンはピント操作のしやすいカメラレンズで、ツバメを追ってみたいと思います。
20100418eos7d0109_R.jpg

20100418eos7d0186_R.jpg

■鳴きながら飛んでいるツバメ
前回紹介したヒメアマツバメは、巣材に鳥の羽(羽毛)を利用します。
しかし下のツバメは普通のツバメなので、羽毛は巣材集めではないかもしれません。
羽毛が顔を覆って、これでは前が見えないでしょうに!
20100418eos7d0153_R.jpg

20100418eos7d0152_R.jpg
前を飛ぶツバメが騒がしく鳴いて、先導役?となっているように見えましたが・・。

■撮影 日曜日 Σ50-500㎜+EOS7D 手持ち トリミング

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:野鳥の写真

Comments(4) | Trackback(0) | ツバメ&コアジサシの飛翔 2010

EF400mm f5.6L でツバメの撮影 « home » ヒメアマツバメ

Comment

ご無沙汰しております。
最近はめっきりカメラも室内用と化しておりまして・・・
私もツバメ撮りにいきたいです^^
やはりツバメのような早い被写体はサンニッパなのでは
ないでしょうか、といっても私はお金ないので買えませんが。

2010-04-24 17:13 | URL | kuromin08 [ 編集]

《仮想背景法》

先日のゲリラのたわごと”半切りゆで卵論”の続きですが、このほど「仮想背景法」と命名して、新しいAF手法としていちおう確立しました。理屈だけでは世間様は相手にしてくれませんので、実写検証してツバメの飛翔25点ほど拙HPに掲示しましたのでご報告します。

2010-04-25 08:20 | URL | Secnat [ 編集]

kuromin08さん お久しぶりです。
ブログの更新がなかったので、気になっていましたが
いろいろとあったんですネ
落ち着かれましたら、野鳥撮影を復活して下さい。
またご一緒できる日を楽しみにしています。
328は、欲しいけど・・ツバメの撮影のためには
高価すぎて私には買えません。
今度、試しに100mのマクロレンズでツバメを
撮ってみようと思っていますが、これで撮れなかったら
かなり落ち込むかも・・・。

2010-04-25 22:59 | URL | 花助 [ 編集]

Secnatさん こんばんは
「仮想背景法」でツバメを沢山撮りましたネ
アクロマートAFでツバメの撮影、すばらしいと思います。
私は未だに、ツバメをファイダ-で追尾することも
出来ませんヨ~
今シーズン中に、課題克服は少し無理かもしれませんが
大きいツバメが撮れる様になりたいです。

あきGGさんが、今度アクロマートAFを試されると
聞きましたが、トビモノの達人がアクロマートAFを
使うと、どんな写真が撮れるのでしょうか・・
これはとても楽しみです。

2010-04-25 23:25 | URL | 花助 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://khanasuke.blog1.fc2.com/tb.php/356-69db6e96

プロフィール

花助

  • Author:花助
  • 上から読んでも、下から読んでも
    「とほ・ほ・・ほと」です。

    ・世田谷在住の親爺で~す。
    ・趣味はカヤック、風景や野鳥撮影
    ・好きな所 信州
    ・撮影機材 オリンパス
           キャノンとペンタックス

    ・天体望遠鏡と骨董レンズによる野鳥撮影に凝っています。

とほ・ほ・・ほと観覧者へメッセージ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。