スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

試行錯誤 ヘリコイド編2010-01-31(Sun)

■自営業って不自由業
なんと・・この土日も仕事で、休みが取れません。
忙しいのに・・・
頭の中はチューブ・ヘリコイドのアイディアがぐるぐると回っています。
深夜、パーツ類で遊んでいても少しも疲れませんが
仕事だとクタクタになってしまう。
仕事が趣味の人は、幸せというか・・きっと疲れ知らずだネ~

■試行錯誤のチューブ・ヘリコイド
チューブ・ヘリコイドに最適なヘリコイドを求めて試行錯誤です。
木槌で叩かれ加工されたM57ヘリコイドDXは、
ガタが気になってボツになりました。1号機はオシャカ(涙)
懲りずに今度はM57ヘリコイドLⅡを購入しました。
この機種はヤスリで削ったりして加工が少し大変でしたが、
どうにかチューブ・ヘリコイド2号機が完成。
IMG_2472_R_R.jpg

結論、残念ながら・・・この機種も少しガタがあります。
加工前はガタに気付かなかったので、加工中に生じたものかもしれませんネ
そもそもM57ヘリコイドLⅡの手動回転リング部をドロチューブ内に
埋め込むなんて・・想定外の使用法なので、いろいろと弊害が出てくるようです。
まだまだ試したいヘリコイドはありますが、もう金銭的にギブアップ(涙)
あとチョットで完成なのに(涙)・・・、
ヘリコイドのガタ解消に満足な解決法が見いだせず、気分は完全にブルーに!

もう手元に残っているヘリコイドは、大きくて頑丈なヘリコイドMだけ。
このヘリコイドMは重いので、今までほとんど使用していませんでした。
それに、これをドロチューブ内に埋め込むことは、とても困難なので
チューブ・ヘリコイドには絶対無理、最初から対象外として諦めていました。
貧乏な私・・・
他にヘリコイドがないものだから、仕方なくこれでいろいろと試していたら、
これがピッタシカンカン、どうにか目処が立ちました。
それも全くガタがなく、ひょっとして出来が一番良いかもしれません。
3号機は、やったネ♪
このように、BORGのシステム考案って、
いろいろなパーツの組み合わせ作業なので、まるでゲーム感覚ですネ 
パーツで遊ぶことは、私のボケ防止に最適な方法かもしれません。

ヘリコイドMは、多くのBORGユーザーが、既に持っていますので
これが利用できるとなると、メリットが大きいと思います。
作り方等は、時間が出来たら必ずUPしますので、
しばらくお待ちください。

多くの方が、私の文章力ではチューブ・ヘリコイドって何のことか
全く分からないと思います。能力が足りず、言葉で表現は難しいです。
とにかく目から鱗・・・
いずれ動画で、説明したいで~す。

■対物レンズ101EDについて
生産中止になった101EDは、軽量設計のために対物セルが薄く光軸ズレがおきやすいと
言われていました。
野鳥撮影においては、軽くて大変写りが良いのに、
光軸ズレ問題が唯一のネックになっていましたが
この件でヨシカワさんに電話で相談したら、処置をしてくれることになりました。
処置の内容及び金額は、まだ未定ですが、この件も後日ブログに詳細をUPしたいです。
処置の見積り金額が高ければ、何もせずに売却して新機種を購入するかもしれませんが・・・
101EDをもっている方は、期待してください。

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:写真日記

Comments(7) | Trackback(0) | チューブ・ヘリコイド その他合焦装置

またしてもチューブ・ヘリコイド « home » チューブ・ヘリコイド 補足編

Comment

こんばんは、101ED処置大変気になります。
すごく気になる情報の連続楽しみです。
ヘリコイドMもすごく気になります。

2010-02-02 00:15 | URL | SAD [ 編集]

SADさん ようこそで~す♪
SADさんのブログを拝見するとBORGの対物2本と
カメラの構成が私と全く同じですネ
今後とも、よろしくお願いします。
時間が出来ましたら、101EDの情報を含めて
いろいろとブログに載せたいと思っています。
折角遊びに来てくれたのに、こんな状態で申し訳け
ありません。

2010-02-02 22:17 | URL | 花助 [ 編集]

ご無沙汰してます

花助さま

ご無沙汰しております

私も自営業(自由業?ヨメからはフリーターと呼ばれていますが 笑)です。忙しいときは極端に忙しくなりますよね。私も今は忙しくて結構ピンチの状態です。だから、夜中にレンズやリングをごそごそやってしまう気持ち、すごくわかります。

で、チューブヘリコイドの試作のくだりを読ませていただいて、少々違和感がありましたので、ご相談させてください。
違和感というのは、
「ヘリコイドにガタが出たというけれども、Borgのパーツってもともとそんなにかっちりしているものですか?」
ということなんです。

私がK産業から通販で買った初めてのBorg製品の一つ、ペンタックスKマウントアダプターは、初めてカメラに取り付けた時から0.5mmぐらい回転が止まらない、ガタガタする状態でした。初めてのBorgパーツ製品でしたので、そんなもんなんだと思っていました。

他のBorgパーツでも状況によってヘリコイドが重くなる、とか鏡筒がたわむ、とか光軸がずれやすいとかの声を聞くと、これもその一つか、と思ってしまったのです。

その後、ビクセンのカメラアダプターとマウントアダプターを買って接続したときには、全然違うがっちり感があり、さすがビクセン、やっぱりボーグ、と思っていました。

こういう微妙な不満足(他にもいくつかありますが)もあって、Borgパーツの組み合わせでは、ガタやたわみや光軸ズレはあたりまえだというのが私の認識になっていました。持っている二つのフローライト望遠鏡を軽量のBorg鏡筒に付け替える、ということもあまり積極的に考えないようにしていたのです。Borgのパーツを使ってガタガタになってしまっては元も子もない、と。そういう意味で、Borgパーツは割り切れるところ、遊び(おもちゃやテスト)として使うものと思っていました。

もしかして、私のマウントアダプターは不良品で、花助さまはじめ他のユーザーのマウントアダプターはかっちりしているのでしょうか?

他のBorgユーザーが身近にいないので、比較して判断するということができません。よろしければ花助さまの使っているマウントアダプターの感覚を教えていただけませんでしょうか?
耳年増+些細な実体験で大きな勘違いをしているのでは、と気になっています。

お忙しいところ、長文のコメントになってしまって申し訳ありません。
別に急ぎませんから、時間のあいたときに教えてください。
よろしくお願いします

2010-02-05 11:31 | URL | ぐっち [ 編集]

ぐっちさん こんばんは~
ぐっちさんからご指摘を受けるまでKマウントアダプターの
ガタに気が付きませんでした。
0.5㎜のアソビがありましたか? 
ビクセンのTリングもWOで使用していますが、BORGとの差を感じたことがありません。
私が鈍いのかもしれませんネ
マウントのガタと言えば、中国産の電子マウントアダプターに多く見られる傾向で、
特にニコン用の電子マウントアダプターは酷かったです。
あれに慣れてしまったので、0.5㎜のガタが気にならなかったかもしれません(笑)

それにしても金属製品なので、ハズレのパーツを買ってしまうと・・・
不具合の修正は、なかなか困難ですネ
個体差があるのかもしれませんので、念のために自宅に帰ってたら
Kマウントアダプターのガタを確認して、明日お知らせいたしま~す。

2010-02-05 23:25 | URL | 花助 [ 編集]

ぐっちさん 確認しました。
確かにKマウントアダプターには、装着後に・・
ほんの少しだけガタがあります。0.5㎜より小さいかも・・
いままで全く気付きませんでした。
KマウントのT2リング、装着後にまったく動きませんネ
他にテレコンや×1.7AFアダプターを付けて確かめましたが
T2リングよりは若干甘くなりますが、やはり動きませんでした。
なるほど・・・これが加工精度の差なのでしょうか・・
でも、このくらいのアソビは、私的には全く許容範囲です。
私が鈍いのかもしれませんが、BORGパーツを使用するメリットを考えると
鏡筒はBORG中心になると思います。
いろいろと、貴重なご指摘ありがとうございます。


2010-02-06 10:57 | URL | 花助 [ 編集]

ありがとうございます

花助さま

わざわざ確認していただいてありがとうございます
やはり、気にならない程度のガタ(遊び)があるのですね。
とすると私のアダプターは不良品とは言えないみたいですね。

前の書込み、長くて焦点のぼけた書き込みになってしまって申し訳なかったです。話題にしたかったのは、チューブヘリコイド作成ででてきたヘリコイドのガタって、どれだけ大きいんでしょうか?っていうことなんです。

Kマウントアダプターのガタより大きければ使うのにきついかな、小さいのであれば、たぶん僕には気にならないレベルなのかな、と感覚的に理解できます。
最初に書いた違和感、というのは、たぶんガタに対する許容量の感覚なのでしょうね。

せっかくのお休みお時間とらせてしまってすみませんでした


2010-02-06 16:11 | URL | ぐっち [ 編集]

ぐっちさん こんばんは~
今回、試作品の加工中に発生したガタは、
元からあったモノではなく、木槌で叩かれたりして
未熟な加工により出来たガタで、その程度は明らかに
光軸がグラグラとズレるほどのものでした。
ガタといっても、光軸がズレない許容範囲のものと・・・
光軸を狂わせるほどのガタと程度が様々ですネ
無理な加工をしなくても使用頻度の多いヘリコイドは
ガタ等故障しやすいようです。
これは大切に扱わないといけませんネ

2010-02-08 00:09 | URL | 花助 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://khanasuke.blog1.fc2.com/tb.php/330-bfa8d80c

プロフィール

花助

  • Author:花助
  • 上から読んでも、下から読んでも
    「とほ・ほ・・ほと」です。

    ・世田谷在住の親爺で~す。
    ・趣味はカヤック、風景や野鳥撮影
    ・好きな所 信州
    ・撮影機材 オリンパス
           キャノンとペンタックス

    ・天体望遠鏡と骨董レンズによる野鳥撮影に凝っています。

とほ・ほ・・ほと観覧者へメッセージ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。