スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

ミドル・ヘリコイド2009-12-14(Mon)

■ミドル・ヘリコイド
私はBORGをトビモノの撮影で使うのに、合焦システムはドローチューブのみを使用しています。
飛翔中の野鳥に対して、咄嗟にドローチューブを押したり引いたりして・・・
最後のピントの微調整は、私のトビモノ先生であるあきGGさん流に鏡筒自体を回転させながら合焦させます。
実際、合焦装置がドローチューブのみ場合はこの回転合焦方法によって初めて
ドローチューブをコンマ数㎜でも前後に動かすことが出来るようになり、
やっとピントの微調整が可能になりました。

回転式ヘリコイドの役割を、ドローチューブで代用しているわけですから
トビモノ撮影では、これに慣れるまでヒンボケ写真だらけでした。いまも同じかも・・(大汗)
練習量が不足している私のネックは、回転合焦方法による微調整において、
ピントのムラがとても多いことです。
ここ一番の安定性に欠けるために、調子の良いときと悪いときの差が激しいです。
特に、今は短焦点設計のタカハシFS60CBを対物レンズに使用している関係で
このピントの微調整はとてもシビア(ピント幅が狭い)で大変なんです。
モニターで見ると、ジャスピンのはずが・・いつもピンボケのトホホ写真の連続に(涙)

せめてトビモノにヘリコイドが使えれば安定性が増すのに・・・
当初は取り外して全く未使用であったヘリコイドを、トビモノに利用してみたいと思いました。
BORGも含めて天体望遠鏡は、接眼部付近にヘリコイドが装着されています。
これでは手持ちによるトビモノの操作は全くできません。
また、BORGにはフロントヘリコイドアダプターセットがありますが、ヘリコイドの位置が前すぎて
手持ちというより三脚使用が前提のシステムになってしまいます。

手持ち撮影では、一般のカメラレンズと同じにように、
鏡筒を持った左手の位置にヘリコイドがあれば、格段に手持ち撮影の操作性が向上するはずです
そこで、鏡筒の真ん中にヘリコイドを装着させるために、先週末にいろいろやってみました。
現在BORGで販売されているのは80φL205mm鏡筒、L150mm鏡筒、L130mm鏡筒です。
○写真左から80φL205mm鏡筒、80φL150mm鏡筒、80φL130mm鏡筒、80φL100mm鏡筒(切断)、80φL50mm。
IMG_2302_R.jpg

先週のBORGセールで、80φL130mm鏡筒を入手したので、これにフロントヘリコイドアダプターセットを利用して、
いろんなパーツの組合せを行ってみました。
目指すは短焦点タカハシFS60CBの対物レンズ+BORG筒+ヘリコイドM+ドローチューブによるミドルヘリコイドシステムです。

やってみて直ぐに挫折です。これは正に短焦点システムの弊害ですネ 
真ん中にヘリコイドMを装着すると、80φL130mmの短鏡筒でも全くピントが来ません。
そこで80φL205mm鏡筒を半分に切断し、80φL100mmにしたら・・・
漸くピントが来るようになりました。
しかし、私の加工精度が悪く、気持ち光軸ズレが生じているようで、なんか解像力が落ちた感じです。
これでは何もしなかった方が、良かったかもしれないと・・かなり落ち込んでしまいました。
でもここで、諦めるわけにいかないので、再度トライです。
バラしてBORGパーツを組み直している最中に・・・・以前ヤフオクで落札して未使用の
FS60CBをBORGに繋ぐ特注アダプターが目に入りました。
このアダプターの筒が、丁度80φL100mmだったので、これ幸いと、この筒を利用して強引に
ミドルヘリコイドシステムを完成させました。
BORG77EDⅡならば、何の加工もいらずに簡単に手持ち専用のミドルヘリコイドシステムが
完成するはずです。
BORGシステムを利用して手持ちでトビモノ撮影を撮りたい方は、このミドルヘリコイドを是非
試してみたらどうでしょうか!
IMG_2328_R.jpg

■試写・・公園のカラス
まだヘリコイドによる微調整に慣れていません。慣れとは恐ろしい。
ついドローチューブのみで合焦させてしまいます。とほほ・・。
しばらくはヘリコイドの練習ですネ。


Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:今日の独り言

Comments(0) | Trackback(0) | 撮影機材

都市公園へ « home » カモフラージュ布テープ  続編

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://khanasuke.blog1.fc2.com/tb.php/316-74ba6456

プロフィール

花助

  • Author:花助
  • 上から読んでも、下から読んでも
    「とほ・ほ・・ほと」です。

    ・世田谷在住の親爺で~す。
    ・趣味はカヤック、風景や野鳥撮影
    ・好きな所 信州
    ・撮影機材 オリンパス
           キャノンとペンタックス

    ・天体望遠鏡と骨董レンズによる野鳥撮影に凝っています。

とほ・ほ・・ほと観覧者へメッセージ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。