スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

田んぼのシラサギ2009-08-17(Mon)

■福島のシラサギ
福島に帰省すると、必ず田んぼでシラサギを撮影します。
冬の白鳥撮影の練習のつもりで、撮っているのですが・・・
ここのシラサギは、私が野鳥撮影に目ざめた原点でもあります。

田園風景にとけ込んだシラサギは、都市公園のシラサギと違って
とても美しく点景としてもお気に入りでした。
FS60CBpK7118_Rr

昨年は、シラサギの数も多くて、飛翔シーンもAF-BORGで綺麗に撮影できました。
シラサギやゴイサギの優雅な飛翔シーンは、ペンタックスのAFテレコンを使用した
AFーBORGで十分だと思います。
◇昨年までのシラサギ◇後半はデジボーグ使用


今年は、すべて手持ちでマニュアル撮影です。
明らかに昨年の方が、作品の出来が良いですネ  トホホ・・・・
しかし今はAF-BORGを封印して、手持ちのマニュアル撮影に専念したいと
思います。
FS60CBpK7146_Rr

FS60CBpK7345_Rr

FS60CB K7112_R

FS60CB K7118_R

FS60CB K7241_R

今のまま野鳥を狙うには、あまりにも私の撮影技術が未熟だと気付きました。
野鳥の飛翔シーンが、すべてマニュアルで狙えるようになれば
撮影の幅が広がって、作品が大きく変わると信じています。
幸いあきGGさんの指導にも恵まれました。
ほんとにBORG友には、感謝ですネ。
皆さんも、デジボーグで野鳥の飛翔シーンを撮ってみませんか!

お正月に帰省したときは、白鳥が練習台になってくれるでしょう。
今から、楽しみです。

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:野鳥の写真

Comments(2) | Trackback(0) | タカハシ FS-60CB

野鳥の飛びもの撮影 « home » 福島のツバメ

Comment

こんばんは

花助さんの野鳥撮影の原点は田園のシラサギだったんですか!
僕の場合も近所の川にいるシラサギやアオサギでした。
そういえば撮り出した頃は飛翔写真ばかり撮っていました。
技術が未熟で、ましてや両目を開けてファインダーを見るなんて事は思いも付かず、いつの間にか止まり物ばかりになった事を思い出しました。
最近は花助さんの記事に影響され、取りあえずは両目を開けたままファインダーを覗きピントを合わす練習をしてますが、難しいです。
花助さんは短時間のうちにマスターされましたね。感心します。
一体いつになったら追いつけるやら・・・・。

2009-08-18 23:56 | URL | 夜啼猫 [ 編集]

夜啼猫さん こんばんは~
最初のキッカケは、みんなシラサギなんですネ(笑)
福島に帰ると、夏は田んぼでシラサギを追って
冬は川で白鳥の撮影を楽しんでいます。

天体望遠鏡でトビモノを撮影するのは、
当初は困難だと思っていましたが、
あきGGさんの写真に刺激されました。
止まりものも満足に撮れないのに、
トビモノに手を出してしまい・・・もう大変です。
マスターなんて、一生無理かもしれませんヨ~
来年になれば、少しは上達しているかもしれませんが
今年は焦らず、じっくりと挑戦していくつもりです。

フォ-カサ-の件ですが、宅急便で送りますので
メ-ルで住所等の連絡先をお教え下さい。
よろしくお願いします。

2009-08-19 23:02 | URL | 花助 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://khanasuke.blog1.fc2.com/tb.php/286-2f9aa246

プロフィール

花助

  • Author:花助
  • 上から読んでも、下から読んでも
    「とほ・ほ・・ほと」です。

    ・世田谷在住の親爺で~す。
    ・趣味はカヤック、風景や野鳥撮影
    ・好きな所 信州
    ・撮影機材 オリンパス
           キャノンとペンタックス

    ・天体望遠鏡と骨董レンズによる野鳥撮影に凝っています。

とほ・ほ・・ほと観覧者へメッセージ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。