スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

タカハシ FS-60CB 2009-07-17(Fri)

臨時収入でタカハシFS-60CBを購入
先週、仕事帰りに小田急相模原のパチンコ店に行ったら・・・
新台で爆裂モ-ドに突入し、なんと臨時収入が○万円以上になりました♪
ギャンブルで稼いだお金は、物に変えないと直ぐに無くなりますので
趣味人さんのびっくりバ-ゲンで、展示品処分のタカハシFS-60CBを購入しました。
結局持ち出し5000円の出費になりましたが、憧れのフローライト望遠鏡がこの値段で
手に入るとは・・・
これは大変幸運なことですネ。
マァ~ パチンコ店に預けていたお金を、引き出しただけの話ですが・・・(笑)
FS60CB1_Rr.jpg

タカハシFS-60CBの 主な仕様
焦点距離 357mm
有効径 60mm
鏡筒径 80mm
全長 440mm
口径比 1:5.9
質量 1.3kg
付属品 6x30ファインダー
接眼部 31.7mmサイズ

対物レンズをBORGに繋ぐ方法
フローライト病の私は、将来的にタカハシFS-60Cは必ず購入する予定でした。
ですから本体は買えなくても、FS-60Cに関連するパ-ツはヤフオクでこまめにチェックをいれて
安ければ入札にも参加しました。
数ヶ月前、ヤフオクにFS-60Cの対物レンズをBORGに繋ぐ珍品の特注品が出品された時も、
直ぐに飛びついて・・、落札しました。
この特注品について調べてみたら、遊馬製作所/SCOPE LIFEさんが製作したものでした。
2007.10.20四方山話
「タカハシFS-60C鏡筒にトミーテック製BORG ミニボーグ用3枚玉レデューサーX0.66を
つけるための短縮鏡筒を製作した」と記載されています。

○遊馬製作所さんが作成した短縮鏡筒・・・・これが作られることになった理由はここをクリック
FS60CB5_Rr.jpg
このように他社製望遠鏡の対物レンズをBORG鏡筒に繋げるために、遊馬製作所/SCOPE LIFEさんをを頼る方が多いようです。
ただし、最近「図面がないと製作は出来ない」と、注文を断られたBORG友さんもいますので
多忙なため以前と対応が大きく変わったかもしれません。
デジスコのいくさんも愛機VixenFL70Sのフローライト対物を、遊馬製作所/SCOPE LIFEさんに注文した特注変換リングを経由してBORGに繋げています。

このように他社製の対物レンズをBORGに繋げるためには、特注ADなどを作成する方法しか
ありませんが、FS-60Cだけは対物レンズを加工無しに簡単にBORGに繋げることが出来ます。
多少乱暴なやり方ですが、[7800] 80φ205mm鏡筒から接続リングを外すだけで良いのです。
ピッチが合わないため、あくまでも自己責任の話になりますが、FS-60CのレンズセルをBORGの
鏡筒に半分以上ねじ込むことが出来、FS-60CBのレンズは軽いので振っても全く外れません。

○FS-60CBの対物セルは、BORGの80φ鏡筒に繋げられます。
FS60CB3_Rr.jpg
何故BORGに繋げる必要があるのかというと・・・
BORGのドローチューブを使っての飛びもの練習を、フローライトレンズで行うためです。
そして、このシステムはとても軽いので、私にとっては最強の飛びものシステムになると
確信しています。
欠点は、焦点距離が足りないことです。やはりテレコン使用が必要かも・・・(涙)


試写
事務所3階から、私鉄の高架に止まっているハトを撮ってみました。
FS60CBk7544_Rr

大幅にトリミング・・・カメラの高感度ノイズがありますが、レンズの解像度はあると思います。
FS60CBk7552_Rr
FS60CBk7554_Rr

安物のケンコ-の×1.5テレコンを付けても、満足できる解像力です。
FS60CBk7570_Rr
FS60CBk7713_Rr

画像をクリックすると大きくなります。再クリックで元に戻る。

■撮影 タカハシFS-60CBの対物レンズ+BORG鏡筒+K7 手持ち

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:野鳥の写真

Comments(6) | Trackback(0) | タカハシ FS-60CB

またコアジサシの飛翔撮影に♪ « home » アオサギの飛翔撮影

Comment

「Pachinko店に預けていたお金を引き出しただけ」とありますが、これは新手のマネーローンダリングですよ、みなさん。

発見:カタカナで書くと拒否されますネ。なんででしょう? たぶん・・・

2009-07-18 07:01 | URL | Secnat [ 編集]

うーーーーん

花助さんの絶妙な記事に、ついつい欲しくなってしまいます。 リンク先いろいろ見ますと、フローライトでも
意外と求めやすい金額で、是非画像を見てみたいですね。
いつも楽しい記事で参考になります。

2009-07-18 10:27 | URL | あきGG [ 編集]

Secnatさん
新手のマネーローンダリングとは・・・・、
これはユーモアいっぱいの解釈ですネ(笑)
本人も知りたくないほど多額の金額をPachinko店に
預けていますが、自由に引き出しが出来ません。
そしてたまに引き出し可能になると、今回のように
直ぐ何かに出費するものだから・・
年中金欠ですヨ~(爆)
ご指摘のPachinkoは、どうやら禁止語句のようです。
本文にはチェックが掛からないのに、コメントには厳しいですネ
初めて知りました。

2009-07-18 18:32 | URL | 花助 [ 編集]

あきGGさん
私のフローライト好きは、一種の病気ですので
軽くスル-して下さいネ~
ただし他社の対物の評価は、皆さんの関心のある問題
なのでBORGへの繋ぎ方を含めて、ご紹介しました。
この機種はタカハシでは、一番の末っ子の望遠鏡ですが・・・
すばらしい写りだと思います。
BORGに繋がるのが、とても面白いです。

2009-07-18 18:41 | URL | 花助 [ 編集]

こんばんは。
FLを2本ゲットされたのですね!
深みのある色合い・芯のある画は独特の魅力があります。
ビクセンにはFL55という機種がありました。
高性能機という評判です。如何ですか…(^ ^)

2009-07-19 21:41 | URL | いく [ 編集]

いくさん こんばんは~
今日、あの場所にアオバズクの様子を
見てきましたヨ~
2羽の雛を確認しましたが・・・

以前教えていただいたのでビクセンFL55が
先週、中古天体望遠鏡専門店CATで出品された時は・・
真剣に悩みました。

http://www.sensaiichiba.com/cat/DispGoods.cgi?mode=disp_goodslistNP&genre_id=007-008-001

しばらく、これだけ売れ残っていましたが、
今は売約済みになってホッとしています(笑)
迷った理由は、中古のFL55が割高だったことと、
FS-60CBがBORGに、繋がることが分かっていたのが
FS-60CBを選んだ理由です。
もしヤフオクに出品されたら、頑張っていたかもしれません。
今、情けないことに浪費が祟って金欠なので・・
しばらくは、何も買えませ~ん(涙)。

2009-07-19 23:58 | URL | 花助 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://khanasuke.blog1.fc2.com/tb.php/272-6e153849

プロフィール

花助

  • Author:花助
  • 上から読んでも、下から読んでも
    「とほ・ほ・・ほと」です。

    ・世田谷在住の親爺で~す。
    ・趣味はカヤック、風景や野鳥撮影
    ・好きな所 信州
    ・撮影機材 オリンパス
           キャノンとペンタックス

    ・天体望遠鏡と骨董レンズによる野鳥撮影に凝っています。

とほ・ほ・・ほと観覧者へメッセージ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。