スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

William Optics 66SD の改造2009-03-09(Mon)

■ZenithStar 66SD の改造
あの美しいジェニスター66SDアポクロマートを、なんと無謀にも改造した方がいます。
もちろん、こんなことが出来るのはゲリラ戦士のSecnatさんですが、保証が効かなくなりますので、
自己責任となります。
裏付けとなる知識と技術力がないと出来ないので、普通の方は決して真似しないで下さい。
どうしても自分もやりたい方は、購入先のスタークラウドさんに相談した方が良いかもしれません。

■1:10 マイクロフォカサー回転ノブの左右換装
P1720405[1]

野鳥撮影の場合、カメラの操作は右手で、微動ノブは左手で操作しますから
微動ノブは左側にあった方が使いやすくなります。
ところがフォ-カサ-の微動ノブは、右利き用に出来ているので、右にあるのが通常です。
フォ-カサ-は回転するので、回転させれば直ぐに左右のノブは逆になるのですが
お腹側(フォ-カサ-の下)が、上になってしまい折角の美観を損ねてしまうことに・・・
Secnatさんは、WOの美的センスにこだわっているので、
美しさを保つために、あえて左右換装手術に踏み切ったのでしょう。 タブン?
より完璧さを求めた整形手術だと言えますネ(笑)

Secnatさん 曰く
「この左右換装作業は、使われているネジがすべてインチ系であることもさることながら、
フォーカサーの内部構造と動作原理を熟知していないで手を出すとフォーカサーそのものを
壊してしまって元に戻らない危険性があります。
現在の時点でZS66SDは左右転換に対応していないこと、けっして自前で試みてはならないこと、
どうしてもというときには購入先に相談することを勧めます。」

■片肺飛行 改造第2弾
P1720413_1[1]

またまた Secnatさん 曰く 
「胴体の両側にエンジンが二つ要ると誰もが信じていて、
ほんとうに要るのかどうか疑おうとしません。
こういうのを妄信といいます。
ぼくはこのほど右側エンジンを切り落として片肺飛行することにしました。
ゲリラが乗り回すのにふさわしいカタチになりました。なんの支障も無く快適ですよ。
この写真を見たスタークラウドの宮野さんは、こうつぶやきました。」

スタークラウドの宮野さん
「ひどい人にものを売ったもんだ、とっておきの一品だったのに。
でも、自己責任だと公言しているのだから、やめろというわけにもいかない・・・」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

■店長さんの嘆き・・・なんだか分かるような気がします。
販売中止となった唯一の秘蔵品の1本だったのですからネ~
でも、これで終わるSecnatさんではありませんから、覚悟して下さい。
今後も、改造が続くそうですヨ~ 

今回の改造の素晴らしい出来映えに、思わず見入ってしまいました。
ジンバル雲台BENRO GH-1との相性も、これはベストの組合せかもしれません。
シンプルでこの美しいフォルム、工業デザインとしても秀逸の出来ですネ。
機能美と操作性を求めて、Secnatさんの暴走は止まることを知らず・・(笑)
本妻のBORGを忘れたらダメですヨ~

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:写真日記

Comments(0) | Trackback(0) | William Optics ZenithStar 

大変申し訳ありませんが・・・ « home » オオコノハズク騒動について

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://khanasuke.blog1.fc2.com/tb.php/211-1508431c

プロフィール

花助

  • Author:花助
  • 上から読んでも、下から読んでも
    「とほ・ほ・・ほと」です。

    ・世田谷在住の親爺で~す。
    ・趣味はカヤック、風景や野鳥撮影
    ・好きな所 信州
    ・撮影機材 オリンパス
           キャノンとペンタックス

    ・天体望遠鏡と骨董レンズによる野鳥撮影に凝っています。

とほ・ほ・・ほと観覧者へメッセージ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。