スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

William Optics ZenithStar 66SD で野鳥撮影 (ジェニスター66SD)2009-02-23(Mon)

ZenithStar 66SDジェニスター66SD 
私は、事務系の仕事です。毎日毎日数字と睨めっこの日々を過ごしていて
休日の野鳥撮影は、気分転換と運動不足解消を兼ねた最高の趣味だと思っています。
家系的に糖尿の心配もあるので、健康のためにフィ-ルドでも良く歩くことにしていますが
さすがに、101EDのシステムは、移動が激しいと・・重くて、しんどいです。
そこで、歩くために60㎜程度の小さくて可愛い天体望遠鏡を探すことにしました。
BORG60EDにすれば話は簡単なのですが、このクラスの天体望遠鏡を調べてるうちに
どうしてもタカハシのフローライト屈折FS-60Cが、欲しくなってしまい・・・・
新品は高いので、中古の出物が出るのを・・・ひたすら待ちました。

なんたって予算は4万円台ですから・・・・(涙)
タカハシのFS-60C、大変人気のある機種なので、ヤフオクにFS-60Cが出ても
この予算ではなかなか落札できません。 次第に諦めム-ドへ

マァ~、冷静になって考えると、あくまでもサブシステムなので
別に高価なフローライトレンズでなくても良いのではと思い、直ぐに妥協して・・・
結局、落ち着いたのが対物にSDレンズを使用した激安ZenithStar 66SDです。
William Opticsという本社・台湾の会社が製造した天体望遠鏡を、ネットより直輸入で購入。
購入代金は驚きの299ドル、ただし送料Worldwide Expeditedが131.87ドルで
Total: 430.87ドルになりました。円高万歳♪  余裕で予算内♪

■アメリカで企画され、台湾で製造、レンズの設計はロシア人というWilliam Optics製の
天体望遠鏡は日本ではほとんど知られていません。
William Opticsについては、いずれ気が向いたら、いろいろと書きたいと思いますが
日本の商習慣を無視し、提携先の笠井さんや代理店さんを激怒させるほど、
とにかく日本流が通じない・・したたかな会社のようです。
業界内のWilliam Opticsの評判は、製品と関係ないのでどうでも良いことですネ

この会社の最大の魅力は抜群のデザインセンスと、操作性の良さにあります。
最近の製品も、ユ-ザ-のコメントによれば大変評判が良いので・・・・・
C/P比の高さは、他社の同等クラスのモデルと比較すれば一目瞭然と言われています。

いずれ、今のBORG人気が、他社の天体望遠鏡へと及ぶことは必定でしょう。
この激安の台湾製の天体望遠鏡も、今後注目される時が来るかもしれませんネ

届いたZenithStar 66SDを、実際に使用してみて驚きました。
はっきり言って・・・デザイン、操作性やレンズの性能のすべてにおいて
侮れない実力があります。決して価格で判断してはいけません。
何故、この様な製品が台湾に作れて、日本に出来ないのか!!  大変ショックです。
全く手抜きが一切感じられないほど良くできています。
購入にあたっては、デジスコのいくさんのブログで、異なる機種ですが同種のWilliam OpticsのZenithstar 70EDを使用して撮った写真を参考にしました。
ネット上のサンプル画像が少ないので、いくさんのブログは大変助かりました。
いくさんの購入したZenithstar 70EDは、なんと送料込みで激安の379ドル です。これはいくら何でも安過ぎです。日本のメ-カ-は価格では勝てませんネ
海外輸入が苦手な方は、日本の正規代理店スタークラウドさんへ・・・
ここは品質保持のために検品が厳しいので、直輸入よりも割高になりますが
メンテやクレ-ムを考えるとやはり購入は、正規代理店さんが安心ですネ。

■BORGさんと相互リンクをしている関係上、他社の・・・
それも台湾の天体望遠鏡を紹介するのは、少し抵抗感があります。
BORG人気は、永年にわたるBORGとそのユ-ザ-さんが築き上げた
地道な努力の賜ものですから、今後も熱い思いを持ったユ-ザ-に支えられて、
BORGの地位は不動でしょう。
仮に納期待ちにしびれを切らした方が、一時他社へ流れても、BORGの実力を考えると
あまり影響は無いと思われます。
特にBORGは、自分で工夫してシステムを組み立てる楽しさがあり、
これは、他のメ-カ-には絶対真似の出来ない強みです。

ただし、すべての人が工作好きとはかぎりません。
とにかく野鳥撮影だけに専念したいので、最初からクレイフォード式フォカサー付いた操作性の良いものが欲しいとか・・・
フィ-ルドでごちゃごちゃと組み立てるのは面倒だから、鳥撮用に簡単に・・・
天体望遠鏡は、みんな白くて野暮ったいので、もっとデザインの良いものが欲しい・・・と
バ-ダ-の多くが、望んでいます。

今まさにG1が発売されて、ますます野鳥撮影用に口径60㎜~70㎜クラスの天体望遠鏡が
注目されるようになってきました。
好調なBORGも、このクラスにもっと力を入れていかなければ、
いずれ流れが変わってしまいますヨ~
ホントに、遠慮のない価格破壊のWilliam Opticsが、日本を狙っています。 
油断大敵です。

旧ZenithStar66SDには青色があります。
これと同じ色のカメラ(青のG1)を購入して組合せると、とてもおしゃれですネ
これだと女性バ-ダ-にも注目されるシステムになるのでは・・・。
こういう洒落た天体望遠鏡が、他にあるのでしょうか?
日本のメ-カ-に、もっと頑張ってもらいたいです。

最後に
ホコリの付かない金属製レンズキャップや特製のクレイフォード式フォカサーの使用感等
要望があれば、システムの構成等を含めていろいろと追加レポ-トしても良いですが・・・・
やはり、BORGさんにお世話になっているので止めることにします。


撮影ZenithStar 66SD+E420+ケンコ-テレコン×1.4+電子マウントフダプタ-
ケンコ-テレコン×1.4を付けて試写してきました。
テレコンを付けても、解像度は合格点だと思います。
トリミングはなし。シャ-プネスあり。

DPP20090222rrrE4208.jpg

DPP20090222rrrE42010.jpg

DPP20090222rrrE42011.jpg

DPP20090222rrrE42012.jpg

DPP20090222rrrE42013.jpg

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:野鳥の写真

Comments(13) | Trackback(0) | William Optics ZenithStar 

BORGの輪 « home » 猛禽の練習に

Comment

こんにちは、何時も参考にさせて戴いてます。
ご紹介のWilliam Opticsはカメラ等の接続パーツは
互換性があるのでしょうか?

2009-02-23 11:54 | URL | ごん助 [ 編集]

ごん助さん こんばんは~
実はWilliam Optics(WO)から接続パ-ツとして購入したのは、
2インチ接眼アダプターだけなんです。
2インチ仕様にしたらBORGの部品が繋がることが分かっていたので、
後はすべてBORGのパ-ツを使用しました。
ご質問の接続パーツの互換性とは、
William Opticsの接続パ-ツとBORGやビクセンなどとの互換性の意味でしょうか?
ごめんなさい。私は、他のパ-ツを購入していないのでわかりません。

ZenithStar66SDの場合は、接眼部が2インチ仕様でないので
別途にWilliam Opticsの2インチ接眼アダプターが必要ですが、
ZenithStar70EDだと最初から2インチ仕様なので、
BORGパ-ツを使用すると、とても簡単です。
お買い得は、絶対ZenithStar70EDだと思います。

2009-02-24 00:18 | URL | 花助 [ 編集]

こんにちは、早速のご案内有難う御座います。
漠然とした質問でさぞかしお困りだった思います。
私は、101EDと60EDでカメラはK10D+D300
でAFボークを昨秋から楽しんでおります。
中間サイズの70クラスを検討しておりましたところ、興味のある記事を拝見し、
不躾とは存じましたがコメントさせて戴きました。
ボーグパーツとの整合性が今ひとつ不安でしたが、これで
払拭出来ました有難う御座いました。

2009-02-24 09:45 | URL | ごん助 [ 編集]

花助さん、ぼくが買うとすれば、あの濃いブルーがいいと思うのですが、ざんねんですが66SD青は販売終了ですね。ほかにはと探すと、80IIED青がありますが、これはどうでしょうか?性能とか使い勝手とか。手持ちの77EDIIと完全にかぶりますが、そんなことよりも、あのブルーが欲しい、と叫んでおります。

2009-02-24 20:39 | URL | Secnat [ 編集]

>ごん助さん
BORG友だったのですネ
66SDの欠点は、クレイフォード式フォカサー仕様なので
手持ち撮影がしにくいことです。
今後ともよろしくお願いします。

>Secnatさん
やはりWOのデザインセンスの良さに惹かれますか?
使用する楽しみと、愛機を眺めて楽しむという・・
従来の天体望遠鏡にない、おもしろい魅力があります。

私も66SDの濃いブル-は好きですが、
80ⅡEDのあの青色はチョッと抵抗感があります。
それに重量も66SDより1㎏も重くなりますから
魅力に欠けるような気が・・・。
WOの最近の製品は完成度が高くなっていて、
レンズの性能は、国産と同等レベルにあると言われ、
性能と品質には問題はないと思います。

販売代理店スタークラウドさんは、台湾からなかなか製品が入ってこない時に、
展示品を放出することがありますので、お店に問い合わせしたらどうですか?
先週まで、ここに青の66SDの在庫がありましたので、
展示品があるかもしれません。
・メールアドレス shopmaster@starcloud.jp
・電話:042-519-4756

青の66SDが無いときは、やはり浮気をしてはいけないという
神のお告げですヨ~(笑)

2009-02-24 21:56 | URL | 花助 [ 編集]

神のお告げは「求めよ、さらば与えられん」でした。また追って連絡します。

2009-02-25 18:38 | URL | Secnat [ 編集]

Secnatさん 店長の秘蔵品ゲットですネ
でも、ほんとにお買いになるのですか?
Secnatさんまで浮気とは・・・
驚きました。
この際、G1も青にしますか!(笑)

2009-02-25 21:41 | URL | 花助 [ 編集]

花助さんの浮気をばらしておいて、ぼくのことは知らぬ存ぜぬでは通りませんので、Lounge DigiBorgに「告白」しておきました。感想ひとこと、”ひとめぼれ”。

2009-02-27 17:38 | URL | Secnat [ 編集]

Secnatさん もう入手されたのですか!!!
早すぎですヨ~
そこでお願いがあるのですが、青の66SDの使用感や本体の写真等つけて
レポ-トしていただくと、とても助かります。
私は、今が仕事の繁忙期で・・・時間がとれず・・・困っております。
Secnatさんの辛口レポ-トを、そのままブログに紹介させて
頂こうと企んでおります。
当方のBBSに投稿してくだされば、こちらでブログに
そのまま転載したいと思います。
大変、不躾なお願いで申し訳ありませんが
ご協力の程、よろしくお願いします。

2009-02-27 23:42 | URL | 花助 [ 編集]

そうなんです、行動しないゲリラ戦士なんて価値がありませんからね。
ご提案、了解しました。なんでもやりますよ、世の中を良くするためには(?)。
まさかLounge DigiBORGで派手にやるわけにはいきませんし、ぼくのサイトはテキストなしだし、こちらが”秘密のアジト”ってわけですね。まだ未完の部分もありますので、ボチボチまとめますよ。

2009-02-28 08:16 | URL | Secnat [ 編集]

Secnatさん ご協力に感謝いたします。
これからも、BORG&WO繋がりで
よろしくお願いします。

2009-02-28 20:32 | URL | 花助 [ 編集]

はじめまして、lounge digiborgを拝見してこちらに伺いま
した、不暮虚空と申します、よろしくお願いします。

私も101EDと60EDを所持しているのですが、皆さんのお陰で
WOへの浮気を考えてしまっています、完全に使用用途の被る
物になるので流石に自制できていますが…

皆さんの情報を参考に、101ED 60ED共にシステムの向上が
出来ております≪腕は全くなんですけれど…)、これからもお邪魔させていただくと思いますがよろしくお願いします。

2009-03-02 18:18 | URL | 不暮虚空 [ 編集]

不暮虚空さん こんばんは~
BORG友、大歓迎です。
WOはとても良い製品ですが、手持ち撮影ならば
別に浮気をしなくても良いような気がしますヨ~
やはりBORGの方が軽いですし、機動性が高く
手持ち撮影もしやすいです。
ただWOのデザインやフォ-カサ-の出来の良さは
素晴らしいです。
WOの、もっと大きなものを試してみたい気がしますが
金額が高くなるので・・・貧乏な私には、もう無理ですネ
66SDは、お気に入りの一つになりましたので
下手な写真ですが、これからUPしていきますので
ご購入の参考にしてください。
では、これからもよろしくお願いします。


2009-03-02 23:50 | URL | 花助 [ 編集]

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://khanasuke.blog1.fc2.com/tb.php/204-5d3ceb8a

プロフィール

花助

  • Author:花助
  • 上から読んでも、下から読んでも
    「とほ・ほ・・ほと」です。

    ・世田谷在住の親爺で~す。
    ・趣味はカヤック、風景や野鳥撮影
    ・好きな所 信州
    ・撮影機材 オリンパス
           キャノンとペンタックス

    ・天体望遠鏡と骨董レンズによる野鳥撮影に凝っています。

とほ・ほ・・ほと観覧者へメッセージ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。