スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

福島のカワセミ2008-08-29(Fri)

■カワセミ
福島に帰省したとき、カワセミを求めて、近くの小川をよく歩いた。
東京でカワセミのいる野川や大栗川よりも、餌も豊富で環境に恵まれているのに
この小川には、カワセミがいそうで・・・いない・・・・
ここで出会った鳥の種類も多く、カワセミがいないのがホントに不思議だ。何故だろう・・・
あきらめきれずに、絶対いるに違いないと思いながら3日間探したが、
結局見つけることが出来なかった。
仕方なく、いつも帰省すると猫を撮影する近くの猫屋敷に向かうと、
猫もいない(涙)
落胆して、トボトボと歩く帰り道、ふと田んぼの横の用水路を覗くと、カモが群れていた・・・
私に気付くと、もうパニツク・・バタバタと狭い用水路を急に逃げ出した。
カモさん、ごめんネ

また、用水路脇の草むらにの中で猫が、何かを待ち伏せして・・・
周りの景色と全く同化しつつ・・気配を消していた。
何を狙っているのだろうと、回り込んで見てみると・・・・
何とそこにカワセミが!!!!!!!!!
幅1メ-トルの用水路に、居ないと思ったカワセミがいた。

■↓の写真はキャノンの40Dと標準レンズで撮影
DPP_0017_R.jpg

■これより以後の撮影は BORG77EDⅡ+AFアダプタ-1.7×+K10D

この用水路は、車の行き交う道路の脇にある。
道路側からは、用水路の様子は草が茂っているので、なかなか見えない。
また道路は途中から急に傾斜して段々高くなっている。
結局、この用水路は、道路側からは全くのぞき込めない場所がほとんどで
正に死角になっていた。
なるほど・・・これで幅もない危険な用水路に、
カモの群れやカワセミがいる理由が分かりました。
見つけた本人もビックリの場所でした。
それにしても、こんな狭い用水路にカワセミがいるとは・・・
やはり珍しいですネ

翌日も、その次の日も、カワセミの様子を見にいきましたが・・
やはり、この用水路の特定の場所にカワセミがいました。
もう間違いありません。ここが、この用水路が・・・
このカワセミの縄張りなんですネ

DPP_0339_R.jpg

このカワセミの存在を知っているのは、猫と私だけかもしれないですネ
とても狭い場所なので、他人にこのカワセミの存在が知れてしまうと
全く逃げ場がないので、もうこの場所はすぐに放棄されます・・・
ですから大げさな鳥撮用のレンズで、このカワセミを狙うのを止め
私だけの秘密の場所にしました。

DPP_0338_R.jpg
かなり距離を置いて、証拠写真をパチリです。
この場所に、来年もこのカワセミが居て欲しいナァ
願いを込めて、福島を後にしました。

Fc2blog - ジャンル:写真 » テーマ:野鳥の写真

Comments(0) | Trackback(0) | BORG 77EDⅡ

ミソサザイ « home » E-420のフォーカシングスクリーン

Comment

コメントの投稿

管理人のみに送る
 

トラックバック

この記事のTrackback-URL
http://khanasuke.blog1.fc2.com/tb.php/121-897cf146

プロフィール

花助

  • Author:花助
  • 上から読んでも、下から読んでも
    「とほ・ほ・・ほと」です。

    ・世田谷在住の親爺で~す。
    ・趣味はカヤック、風景や野鳥撮影
    ・好きな所 信州
    ・撮影機材 オリンパス
           キャノンとペンタックス

    ・天体望遠鏡と骨董レンズによる野鳥撮影に凝っています。

とほ・ほ・・ほと観覧者へメッセージ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。